« 一息ついて | トップページ | 歌の調べ Airs chantés »

まだ引きずっている湖上の美人

3751

演奏箇所の一部公開(Youtube再生リスト)

プーランクの音取りをちょっとずつやりながら、まだ湖上の余韻と疲れを引きずっている昨今です。
今年は歌の先生の発表会でセミラーミデのアリアを歌う予定なのですが、ヴァリエーションの確認もまだやってない。

うちのYoutubeチャンネルに、当日の演奏の一部を掲載しました。前回の湖上もまだ載っています(個人的には大失敗だったオテッロも、大風邪ひいて大変だったアルミーダも…)。前歌ったのはリリコ・レッジェーロの最後ぐらいの時期で、今の発声とは、ちょっとだけどかなり違う。もしかしたらアジリタのキレは前のほうがよかったかもしれないけれど、今の声のほうが自由だし、低音の心配をしなくていいのが楽。稽古中は低い方に振りすぎて、疲れた時とかオクターブ下で歌っていましたが。

エレナちゃん楽しかったな〜。風の噂で、来年オケ付演奏会形式、合唱付きの湖上が予定されているとうかがいましたが、せっかくだからちゃんと演技付きの舞台にしてくれればいいのに。もちろん変な読み替え演出じゃなくて、ちゃんと中世スコットランド風で。

写真は終演後。みんなの衣装はなかなか素敵にできたんじゃないかと思いますが、欲しかったのが買えなかったり、着てもらってみると合わなくて変えたり、配色プランもギリギリ。

エレナはやっぱり青で、結局青&金。マルコムが青&白のドレスシャツ。ウベルトが茶で生成のドレスシャツ、ジャコモが金と臙脂、ロドリーゴが黒&赤で白のドレスシャツ。ダグラスが緑のチェック&薄茶のチュニック。アルビーナが赤のチェック。セラーノが黒で黒のチュニック。

シャツやチュニックは既にあったもの、上着は今回揃えたものが多かったです。すでにクローゼットの中が衣装だらけで。ロドリーゴとセラーノの革のダブレットをどうやって収納しようか悩みどころ。

|

« 一息ついて | トップページ | 歌の調べ Airs chantés »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一息ついて | トップページ | 歌の調べ Airs chantés »