« 整形外科医の見解 | トップページ | EDSの新しい基準とスリッパ問題 »

ヴェルレーヌ、ゴーティエ

恒例のヤング・ドビュッシー

これでヴァニエ様シリーズのとりあえず最終回。
とりあえずというのは楽譜が手に入らない曲があるからで。とりあえず村田先生のところにある22曲。

<ロマン派>
アルフレード・ミュセ
・ロンド Rondeau / Fut-il jamais... ♪

テオフィル・ゴーティエ
・死後のなまめかしさ Coquetterie Posthume / Quand je mourrai...

<高踏派>
テオドール・バンヴィル
・夢想 Reverie / Le zephir a la douce haleine...
・願い Souhait / Oh! quand la mort...
・リラ Le Lilas / O floraison divine...
・セレナード Serenade / Las! Colombine... ♪ ★
・まだまどろんでいる Il dort encore
・バラ Les Rose / Lorsque le ciel...
・みやびやかな宴 Fetes galantes / Voila Sylvandre... ★
・ピエロ Pierrot / le bon pierrot... ♪ ★

<象徴派>
ポール・ヴェルレーヌ
・パントミーム Pantomime / Pierrot qui n'a rien... ♪ ★
・ひそやかに En Sourdine / Calmes dans le demi-jour... ※非
・マンドリン Mandoline / Les donneurs de serenades... ♪ ★
・月明かり Clair de Lune / Votre ame est un paysage choisi...  ★ ※
・あやつり人形 Fantoches / Scaramouche et Pulcinella... ♪ ★ ※

 ※同じ詩を、歌曲集「みやびやかな宴1」で書き直されているけれど、若書きのほう。

ステファーヌ・マラルメ
・あらわれ(出現) Apparition / La lune s'attristait...

ポール・ブルジェ
・ロマンス(えもいわれぬ静寂) Romance / Silence inefable...
・音楽 Musique / La lune se levait...
・感傷的な風景 Paysage sentimental / Le ciel d'hiver...
・春が来た Voisi que le Printemps ※古いほう
・アリエルのロマンス la romance d'Ariel / Au long de ces montagnes douces...
・未練 Regret / Devant le ciel d'ete...

♪はコメディ、★はコメディア・デラルテとみやびやかな宴関係のもの
調性がいろいろあるものは高い方(のはず)
なおほんとは、いくつかの曲はヴァニエ様関係ない。

8月にやるのはヴェルレーヌのパントミーム以外と、ゴーティエ。

ヴェルレーヌのはまあ作り込んでいけばいいだけなんだけれど、問題は「死後のなまめかしさ」で、これイマイチどう歌えばいいのかわからない。私が死んだらお化粧してほしいの、という詩なのだけれど、なんだか人形が喋っているみたいで、音楽も妙にカクカク、ツルツルしてる。なんというか、私が若い時に流行っていたゴシックロリータみたいな、耽美だけどエロでもグロでもない、精神性もシンボリズムもない、なんというか「美しく愚かな」、あ、まさにホフマンのオランピアみたいな感じ。

ああいうのが許されるのって、がんばっても20代前半までだよね、ってドビュッシーそのぐらいなんだった。

|

« 整形外科医の見解 | トップページ | EDSの新しい基準とスリッパ問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 整形外科医の見解 | トップページ | EDSの新しい基準とスリッパ問題 »