« メール・マリーという人 | トップページ | 発声とダイエット »

ディノーラの再演

ガラコンの1週間後、4/23にプロエルメルの巡礼(ディノーラ)を再演します。
ホエールが前田進一郎さん、コランタンが岡坂弘毅さん、とわたし的にはパーフェクト!

ということで、昨日はディノーラの狂乱、影の歌を、江古田のリングラツィオで歌ってきました。合わせが直前の1回しかなかったので、カデンツのピアノとの掛け合いは諦めて、無伴奏で1ページ歌ったので、ドキドキでした。

ディノーラは、3年前にアールリリック初演(たぶん日本初演)をやらせてもらったオペラ。村田先生にハイライト譜も作ってもらったのに、それから誰もハイライトやってくれない。これはまだまだPRが足りないんだ、ということで、安心のメンバーで再演させていただくことに。

最近ドラマティックものばかり歌っているので、キュートなコロラトゥーラに戻せるのかな?という気持ちもあったのですが、アリアを歌って、まだ大丈夫!と。あとはダイエットかな。。。大好きな二重唱、三重唱ができるの、とにかく楽しみです。


最近歌ったものでは、カルメルのメール・マリー役、体調はよくなかったのですが、声も雰囲気もハマり役とみなさんに言っていただけて、また歌う機会があるんじゃないかな、という感じです。2回歌った「海賊」のイモージェネの狂乱は、リリックな前半、ドラマティックな中間部、後半のアジリタ、と、歌いがいもあるし、歌いやすいし、持ち歌にできそう。特にアジリタを強いのと弱いのと、二種類歌い分けするのが楽しい。

さあ、春までガラコンの曲と、ディノーラ、がんばろ。

|

« メール・マリーという人 | トップページ | 発声とダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メール・マリーという人 | トップページ | 発声とダイエット »