« ロベルト・デヴェリュー終演 | トップページ | またまたフラオペの季節 »

増悪

この場合はぞうあく、と読みます。

厚生労働省のサイトをウォッチしていると、エーラス・ダンロス症候群は5月にも指定難病になるらしい。私も一度だけ患者会から陳情に行ったことがあるけれど、関係各位の努力が実りそうでよかった。

ロベルトの途中から気がついていたのだけれど、私の症状は微妙に増悪していて、中学の時初めに外れた左肩が、もうデフォルトくっついていない状態になっている。脇の筋肉で締めているからずーっと左上半身が緊張しているし、左手は血行障害でずっと冷たい。あっちもこっちも痛いし、体も重いし、ためいきばかり増えている。

コンサートに行って演奏がすばらしくても、30秒ぐらいしか拍手の手が持たないので、カーテンコールはまるで演奏が気に入らなかった人みたいになってしまう。見た目に異常がわからないぶんタチが悪い。サポーターも付けると痛いし。

一時的なものなのか、これから進行するのか、したらどうなるのか、何ができて何ができないのか全くわからない。

来月はマノンなのだけれど、美しく健康でキラキラした16歳の享楽的で悪女の素質たっぷりな女の子。……むつかしい。

うちのコンサートは秋を飛ばして2月にロッシーニのエルミオーネ。演奏会形式。ロベルトみたいに演技があったとしても動きが少ないので多分大丈夫。もう、特にブッファとか、ちゃんとオペラの形のオペラができる気はしない。でもこれでも、始めた時に思っていたよりは長くやれたし、歌うこと自体にはまだそんなに問題がない。ないことにしておこう。

|

« ロベルト・デヴェリュー終演 | トップページ | またまたフラオペの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロベルト・デヴェリュー終演 | トップページ | またまたフラオペの季節 »