« ハイソプラノと歌曲 | トップページ | というわけで女王様 »

ロベルト・デヴェリュー

『伯爵、公爵、公爵夫人…そして女王
 いちばん不誠実だったのは誰?』

Roberto_03

セレンディピティ・オペラ、2015年春はロベルト・デヴェリューです。ドニゼッティの女王様シリーズの中でも一番マイナーな作品ですが、四人それぞれの組み合わせの二重唱を中心に緊密で激しい音楽が続く、サスペンス風のドラマです。四人ともに大事な人を裏切り、心を壊し、すべてを失う……悲しいというより哀しい。でもとてもドラマティックな作品です。

エリザベス女王様役は、ベルカントのアジリタ役の中ではたぶん最重量級でかなりど迫力。またまた上から下までな役ですが、歌えるうちにがんばりますので、ぜひご来場くださいませ。

ドニゼッティ作曲
ロベルト・デヴェリュー
全三幕原語上演 字幕付演奏会形式

女王エリザベッタ:西尾京子(ソプラノ)
エセックス伯爵ロベルト:岡坂弘毅(ハイテノール)
ノッティンガム公爵:高田智士(バリトン)
公爵夫人サラ:吉村恵(メゾソプラノ)
ピアノ:小森美穂

2015年3月29日(日)
18:30開場 19:00開演
ティアラこうとう小ホール
自由席2000円
https://www.facebook.com/events/580391642062767/

|

« ハイソプラノと歌曲 | トップページ | というわけで女王様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイソプラノと歌曲 | トップページ | というわけで女王様 »