« ボクの恋人はデカい猫 | トップページ | ノルマ(ベッリーニの) »

福祉施設での演奏会と脱憂鬱

2回目。

先週末は千葉の福祉施設での、二回目の演奏会でした。もう勝手がわかっているので、選曲などもやりやすかったです。
前半の老人ホームでは、「ロンドンデリーの歌」「赤いサラファン」「優しき愛の歌」、そして「機織る星」。子供達への思いと深い愛をテーマにした選曲。「機織る星」は合唱曲なのですが、七夕前日というのを言い訳に無理矢理ソロで歌いました。とても美しい大好きな曲で、条件の悪い、合わせも少ない中、ピアニスト様のおかげもあっていい演奏になったんじゃないかと思います。
後半の福祉施設では、「黒猫のタンゴ」「星に願いを」、そして「今の歌声」。楽しいノリのいい曲というリクエストは、けっこう難しい。そして、普段のコンサートとはまったく違う狂躁的な空間で、自分の発声で歌うのはたいへん。でもけっこうみんなちゃんと聞いてくれたかな。「今の歌声」は、もちろんロッシーニのセヴィリアの理髪師の、ロジーナちゃんのアリア。数年前に書いた歌詞とヴァリエーション。でも日本語とはいえきっちり歌った前回と比べて、今回のアジリタは、音型は同じでも外連味たっぷりのサーカス仕様。ロッシーニ大好きっコの意地で最後のhigh-Eまで歌いきりました。でもなんか、今みたいに「高尚な」ものになる前のオペラって、そんな感じの見せ物、曲芸じゃなかったのかな。

合わせの日にぜんぜん声がダメで、本番どうなることやらと思っていましたが、やっぱり気合いの入り方が違う。練習不足だったけれど、なんとか聞いていただける声にはできたと思います。

ぜんそくのせいでコントロールが狂いまくって、なんだかもう自分の声を聞くのが嫌になっていたのですが、最近やっとちゃんと歌えるようになって、いろいろとやる気が出てきました。治ってはいないのですが、カバーの仕方がわかってきたというか。

今勉強しているトロヴァトーレのレオノーラ役は、私のレパートリーの中では体をしっかり使う役。といって、力任せにしない、というのが課題。特にルーナとの二重唱は大塚さんとだし、対決色が強い重唱だけれど、力で戦って勝てるわけがない。三重唱で富澤さんとほぼユニゾンで歌うのも、どんな感じか想像つかないので楽しみ。ま、でもどちらも断然ソプラノ有利なので、きっちり歌えば、悪い結果にはならないはず。

もういっこのノルマ役のほうは、確かにドラマティコ・ダジリタで大変な役ではあるのですが……アルミーダやったので、ドラマティコの部分もアジリタも怖くはないです。あとはそれでもリリックなベッリーニの様式をきっちりと守ること。こんどはちゃんとしたコンサート(^^)だから、きっちり歌わなきゃ。

|

« ボクの恋人はデカい猫 | トップページ | ノルマ(ベッリーニの) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボクの恋人はデカい猫 | トップページ | ノルマ(ベッリーニの) »