« また選曲 | トップページ | ガラ&ノルマ »

決められないコが決めた曲

とりあえず年内。

10月はガラ&ノルマがあるのですが、ウチの先生の発表会は「魔弾の射手」のアガーテのアリアに決めました。らーいぜらーいぜ、っていうやつ。曲としてとても魅力的というわけではないのですが、イタオペ、ベルカントの様式から、わ何とかさんみたく、the ドイツ!みたいなのの過渡期にある作品なので、勉強するのは楽しそうです。あとレチがけっこうあるので、ドイツ語しっかりやるにもうってつけ。音域はけっこう低くて、系統としては今のアントニアちゃんと同じく、スピントのあるリリコ。

11月のフランスオペラは、タイースになりました。マスネです。どエロです。瞑想曲しか有名ではないですが、とても綺麗な作品。来年エスクラルモンドをやるにしても、初演歌手が同じものをやっておくのはいいこと。娼婦→敬虔な修道女……で、相手役(バリトン)は敬虔な修道僧からただのエロ青年に。という面白い構図の作品です。これも基本的にはリリコの曲。

ノルマとトロヴァのレオノーラはドラマティコ・ダジリタの役。この声種とリリコは、まったく違うのですが、表裏一体でもあります。リリコの方が体力使うかな…。

今やっているアントニアちゃんは、音楽的にはかなりキツい役ではありますが、とても歌いやすいです(ちょっと前までやってたのがアルミーダだし…)。とにかく声が良くないとどうにもならない役なので、気管支ぜんそくをなだめつつ、でもお稽古ではけっこう好調。ピアニスト、指揮者との合わせを経て、アンサンブル稽古に入れるのが楽しみです。

|

« また選曲 | トップページ | ガラ&ノルマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また選曲 | トップページ | ガラ&ノルマ »