« フィガロ終演 | トップページ | 歌うと死んじゃうコ »

アルミーダの譜読み

やっぱりドラマティック志向?

発声的にド忍耐だったコンテッサ、稽古後半は他のものを歌う余裕がまったくなく(実際コンテッサも稽古場以外ではあんまり歌えなかったけど)、超久しぶりに歌おうと思ったのが、夜女とトゥーランドット♪ 私の中ではドラマティックの括りのものです。開けて鳴らして、表情の付け方もぜんぜん違って、楽しい。

コンテッサの声はほわん、としていたくて、声ではなくて響きが聞こえてくるような、特にホールに入ってからは空気に溶けるような声を目指しました。とはいえ、アンサンブルが厚いところとかはけっこう中音鳴らしにいったりもしました。声音の使い分けが大胆だと言われましたが、自分ではこれでもコンテッサだから抑えていた…つもり。先生にも、抑制してモーツァルトの様式をめざそうとしている意気込みは良いと(結果はともかく)。

で、次のアルミーダはロッシーニのコルブランものなのでメゾに近いドランマティコ・ダジリタ。もちろん私の声にはど真ん中。しかも魔女役なので、ちょっとエロっぽく、悪っぽく、最後は怒り狂って終わります。ああ楽しい(* ^ ^ *)

声域はlow-Gからhigh-C(上げない場合)まで。湖上よりもさらに低音域が強いですが、相手役のリナルドも下が強いので、常にアルミーダが下というわけではないです。跳躍は相変わらずすごくて、下のDから上のAとか平然と一つの旋律になっています。

アリアはロンド形式で湖上ほど長くないですが、もっと技巧的。ゆっくりでも三回弾いたら手首がバテました。あとはリナルドとの美しい二重唱がたくさんと、テノールだらけの大きいアンサンブル。いちばん面白いのはテノール二重唱&三重唱です。レチはほぼカットですが、少しだけやります。

1幕フィナーレでリナルドはライバルのジェルナンドを殺すのですが、またもや「やめて」と止めるシーン。オテッロと湖上でも同じパターンでした。でもって殺すのが岡坂さんで殺されるのが富澤さん(笑) さくっと殺されますが、兼役なので後半は別人で復活します。

アルミーダは、ダマスカスの王女なのですが、十字軍の騎士のリナルドは元カレ。敵味方であるその元カレと撚りを戻そうというのが全編。悪女なのか単に恋する魔女なのかわかりにくいです。なお、このリナルドは、ヘンデルの「私を泣かせてください」という有名な歌のあるオペラ「リナルド」と同一人物で、この歌を歌うお姫様を閉じ込めている悪い魔女、というのがアルミーダです。レチの部分の歌いだしの日本語歌詞が「アルミダ、つれなし」で始まったり。原作はタッソの詩「エルサレム解放」。イタリアのバロック文学の大古典です。はやく読まなきゃ。

|

« フィガロ終演 | トップページ | 歌うと死んじゃうコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィガロ終演 | トップページ | 歌うと死んじゃうコ »