« 対称軸 | トップページ | 歌うということのフィジカルな難しさ »

歌うということのテクニカルな難しさ

久しぶりにレッスンでフィガロじゃないもの。

コンテッサの発声というのは、ポジション(横隔膜)は中庸、マスケラより後頭部で響き多め、徹底的に閉じて回して、そして、全声域を一切変えない。声というよりもほわほわした音の塊のようなイメージ。でも発音はもうちょっとクリアにしないと…。

と、なんだかラーメン屋の麺やわらかめ油少なめ味薄め、みたいな感じですが、まあそんなもの。私のカラダとか基本的な発声とかの上に、役に合わせた調整がある…のですが。

でもたまにはガッツリポジション下げて、音も強く、体も開けてすこーんと使ったり、ポジション上げてマスケラ使って細かい音をキッチリ嵌めにいったり、楽器をぜんぶ鳴らすことも必要。

ということで、久しぶりにトロヴァトーレをレッスンで歌ったのですが、やっぱり体がなまってる。コンテッサがキツくないというのではなくて、コンテッサは体の使い方の範囲が狭い(そのぶん難しい)。

なのですが、何やっても課題は同じ、というところもあって。最近ずーっと言われ続けている、A〜high-C,Dを中音域と変えないで取る。もっと「なんでもないところ」で歌う。下のC〜Fあたりの音を押す癖というのはコンテッサのおかげでだいぶ取れてきたのですが、とにかくとにかく、どこかの音が飛び出したりしないように歌うこと。それができるキャパシティをつけること。

今回のお稽古場は私には珍しく、女声がいっぱいいて、しかもむちゃ若いコも多くて、みんな音楽の専門教育を受けていて、いい声なのですが、テクニカルな部分で、ウチの先生の「うん、そうじゃないんだよなあ」という幻聴が聞こえたりします。長いオフ期間を経て最初に今の先生のところに行った時には、喉の強さに頼って歌ってる、アジリタも歌えてるように聞こえるけどそれは正しくない、と…今なら何がダメだったかわかるのですが。忍耐強く育ててくださっているウチの先生に改めて感謝。

音の高さで色や強さを変えないこと、母音を揃えること、音を一つ一つとらないこと、フレーズの始め方と収め方、表情の付け方、子音の入れ方、子音を使って息を流す方法えとせとら。でもあんまり考えてしまうと、歌ってる間にやることが多くなりすぎてしまう。指揮も見ないといけないし、無意識でできないといけないのですが、適度にこういう、基本なんだけれどなかなかできないことたち、を意識して振り返らないとな。

しかし、私が聞いてる反面、聞かれているわけだし、妙なことやるとバレバレだし、緊張感ありすぎ。

|

« 対称軸 | トップページ | 歌うということのフィジカルな難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 対称軸 | トップページ | 歌うということのフィジカルな難しさ »