« フィガロのぷち時代考証:小道具編 | トップページ | 歌うということのテクニカルな難しさ »

対称軸

フィガロの稽古が始まったので、どうしてもコンテッサを練習しなきゃ、と思ってしまうのですが。

そういう気持ちが落とし穴になると……前にも学習したのに。
カラダの中で対称軸の位置がずれないようにしないと、せせっこましい声になってしまう。

というわけで違うものを。

一つ前にやっていたディノーラ……高音&スタッカート系超絶技巧
ロッシーニはセミラーミデとテル……低めのアジリタと全開フォルテ
ヴェルディ代表でトロヴァトーレ……重めのポジションとアタック
お久しぶりすぎるルチーア……ベルカントのレガートと高音

発声の確認の時には、アリアもですがけっこう二重唱も歌います。休みながら調整できるから。

やっぱりペアとしてはヴェルディがいいみたい。コンテッサがヴェルディみたいになっちゃったら本末転倒ですが。
アジリタや高音はたまに歌って自信を取り戻さないと、なんかできなくなってるんじゃないかと不安になります。

ああもう、セミラーミデとかルチーアなんか、イヤになるぐらいむっちゃ楽。
私はやっぱりドラマティック・コロラトゥーラの領域が本領なのよね……。

とはいえ、コンテッサは非常に勉強になります。うまくバランスをとっていかないと。

|

« フィガロのぷち時代考証:小道具編 | トップページ | 歌うということのテクニカルな難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィガロのぷち時代考証:小道具編 | トップページ | 歌うということのテクニカルな難しさ »