« フィガロのチラシ | トップページ | 胸の中のゴミとか宝石とか »

シチリア島の夕べの祈り

もういっこのアリア。

ボレロ(メルチェ)のレッスンのあと、どうせならもういっこのアリアもやってみたら?と宿題をもらって、いちおう聞いてみてはいたのですが、今日はじめてちゃんと歌ってみて。

なんでみんな、ボレロが歌いにくくて苦労するのかわかりました。

シチリアのエレナちゃんって、ドラマティコ。テルのマティルデと同じ類いのドランマティコ・ダジリタの役。ヴェルディでいうとトロヴァトーレのレオノーラに近い役。

でもって私が今ものすごく歌いやすくなっているわけもわかりました。声の厚みがないとダメなのですね。

もういっこのアリア(Arrigo! Ah parli a un core)のほうは、ヴェルディ後期の(いわゆる普通言うところの)ドラマティコにも少し近い感じ。そっちは不勉強であまり知らないですが。

ボレロも楽譜通り歌うと下はlow-Aぐらいまで下がるのですが、こっちはlow-Fisまで下がります。私が本番で歌ったことのある最高音はhigh-Fisなので、その3オクターブ下です。

ということで、アリアはどちらもとても気に入ったのですが、政治的&血なまぐさいドロドロでバス&バリトンだらけで最後大虐殺で終わるオペラはちょっと…自分ではやりたくないかな。

|

« フィガロのチラシ | トップページ | 胸の中のゴミとか宝石とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィガロのチラシ | トップページ | 胸の中のゴミとか宝石とか »