« ふらんすおぺらの次の課題 | トップページ | アルミーダ »

ボレロ

音楽界でボレロと言うとラヴェルですが、ソプラノでボレロは「シチリア島の夕べの祈り」です。

昨日はヴェルディ復習シリーズの二曲目。ボレロでした。……私はずっとボレロって言ってるのですが、けっこう通じないことが多くて、先生は「メルチェ」って。まあ、アレです。

ヴェルディの中ではかなり技巧的な曲で、難しさのわりにはものすごく華やかというわけでもなく。オペラはぐっちゃぐっちゃの戦争もので、最後は大虐殺…。

前に歌ったのは10年以上前。久しぶりにやってみて、ハッキリ変わっていたのは、ブレスの書き込みをほとんど消したこと。Io gia respiroからbrioとか一息でいかないと逆に歌いにくくなっていたこと。そして、Codaも疲れなくなった! わたし、今曲を自由に選べるコンサートがあったら、ボレロ、やりたい♪ というぐらいに軽〜く歌えるように。ええこっちゃ。ヴェルディ前期なら何でも大丈夫じゃない? と新しい宿題ももらってきて、増える一方です…。

今、リサイタルをやるとしたらどの曲かな、というのはたまに考えることで。

モーツァルト…たぶん夜女、かドンジョヴァのアンナの二曲目
ロッシーニ…セミラーミデかエレナちゃんかマティルデ
ベッリーニ…ノルマ(カバレッタ付き)
ドニゼッティ…やっぱりルチーア、かアンボレ
ヴェルディ…トロヴァかシチリア
ボーイト…メフィストフェレ
プッチーニ…トゥーランドット
マイアベーア…ディノーラのロマンス、ユグノー教徒のユルバン
フラオペ…ラクメかな

まあそんなところ。

|

« ふらんすおぺらの次の課題 | トップページ | アルミーダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふらんすおぺらの次の課題 | トップページ | アルミーダ »