« ふわっと振り返る | トップページ | ボレロ »

ふらんすおぺらの次の課題

ディノーラ真っ最中ですが、来年の話。まあそんなもの。

10月は、フィガロがあるので、アリアちょこっとならともかくハイライトはちょっと無理。
ということで、来年の5月の課題の検討。自主公演も何やるか決めてないけど…。

先生のおススメは…。

グノー「ミレイユ」とっても綺麗らしい。リリコレジェ?
ビゼー「真珠採り」美しい系のリリック。そのうちやりたい
ドリーブ「ラクメ」コロラトゥーラ。まあ普通にできそう。今のうちかな
マスネ「マノン」キャラが好きじゃない(^_^;)
マスネ「タイース」キャラも面白いし、やってみたい。細めのリリック
グノー「ロミオとジュリエット」ちょっとメジャーすぎかな。後半のドラマティックなところは面白い。

あ、ハムレットが出てこなかった。トンマさんだからか。
あと、オッフェンバックの「ホフマン物語」は、全役ならやってみたい。

今日は三重唱で何度か、コロラトゥーラな音型につられて、喉を開けたまま「レッジェーロの頃のフレーズの取り方」に、さらにスピントをかけにいって喉に負担がかかっているところがあり、稽古中にレガート優先で今の歌い方に戻し、リリックのラインを確認しながら、スピントからドラマティック寄りに表現を振りなおし…という作業。といってもスピントの要素はどうしても残る。

あと、ようやく表現に入ってきて、指揮の先生と解釈の違うところを摺り寄せたり、ホエルさんとちょっと掛け合ってみたり、しました。シチュエーションが複雑なので、演技ないと難しいなあ…。ロマンス〜影の歌〜三重唱と、ディノーラちゃんはずっと狂っているので、感情がコロコロ変わります。だからって声のポジションとラインを変えすぎないようにしないと。メッサ・ディ・ヴォーチェの精度を上げるのは、これは永遠の課題。長いクレッシェンドでの、音量とビブラートの関係も。ん、ほんとにテクニカルな曲。

|

« ふわっと振り返る | トップページ | ボレロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふわっと振り返る | トップページ | ボレロ »