« アルミーダ | トップページ | フィガロのチラシ »

一年前と六ヶ月前

クラシックの公演は、だいたい春と秋〜年末に集中しています。

で、使いやすいホールがとれるのが1年前に大きなところ、半年前に小さなところ。お高いところは制限がなかったりしますが、インディーズオペラで使えるようなところは、そんな感じ。

演目を決めるのと、ホールを取るのと、主役を決めるのはほぼ同時。
ということで、私も来年の予定。

1月にお友達のコンサートに出て
2月か3月にサロンでロッシーニ(アルミーダ)
5月にフランスオペラ前期(たぶんミレイユ)
たぶん8月に先生のところの発表会があって
このあたりで第3回の主催公演をやって
10月にフランスオペラ後期(おそらくラクメ)

う〜ん。まったりソプラノとしては、既にいいペース。
でもなんか普通に重唱とか、アリア歌うとか、そういうのもやりたいなあ…。

オペラの主催公演にはいろんなカタチがあって、たとえばキャストを決めるのにも、オファーで決めるのと、オーディションするのとあります。
お金とって高い倍率で、下手したら出来レースというオーディション詐欺のようなものもあるし、それですら女声は高いノルマを払うことが多い。主催者が権力者になってしまっているところの噂も聞いたりします。

うん、自分が主催するほうがいいな。周りの方に助けていただいてばかりで、私はぼーっとしてるだけな気もするけど。

|

« アルミーダ | トップページ | フィガロのチラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルミーダ | トップページ | フィガロのチラシ »