« ロッシーニ万歳 | トップページ | 十勝平野満喫 »

選曲と来年の予定

来年の前半までの予定を決めて、曲を決めて、楽譜が山積みです。

清教徒が終わって、一気に来年の半ばまで予定が決まっていって、選曲と譜読みだらけ。余裕をもってできるように、ちょっとずつ手をつけています。過密スケジュールはもうこりごり。

昨日は発表会で「湖上の美人」エレナのロンドフィナーレを歌ってきました。完璧ではなかったけど、盛り上がってよかったです。すごく難しいけれど、演奏効果もある曲。その前の発表会で歌ったテルのアリアは、難しいわりに地味だったけど。

まず、来月24日は、立川のレストランでフラメンコと歌の会。…となると、やっぱりビゼーの「スペインのセレナーデ」、これカッコ良くて好き。あとスペイン繋がりでトロヴァトーレの1幕のアリアを歌います。両方激しい感じの曲。年内はこれで終わり。ディノーラとリゴレットの稽古。

来年は、1月12日にお友達のコンサートで、リゴレットのマッダレーナ&チェプラーノ伯爵夫人を歌います。あと、ヘンデルのアリオダンテのアリアを。ヘンデルを歌うのは久しぶりですが、ロッシーニを勉強するならヘンデルもちょっと歌っておいたほうがいいな、と。

その翌週、1月19日は、いよいよ!なディノーラの演奏会形式。共演者が決まって、とても楽しみです。恋人のホエルさんはダンディーで優しい雰囲気のバリトンさん。コランタンはピチピチのテノール・レジェくん。山羊飼い娘たちを、ソプラノのおねえさま方にお願いして、あとはがんばるのみ!

で、3月24日には、六本木のサロンでロッシーニ尽くし。昨日ロンド・フィナーレを歌った「湖上の美人」に加えて、「オテッロ」「アルミダ」「セミラーミデ」あたり、コルブランものを中心に、ソロとアンサンブルでたっぷりぐるぐる@@@@する予定。とても楽しみです。

5月19日にはアールリリックにて、1年以上かけて、ディノーラのほんとの本番です。演技までできるかどうかは、がんばり次第。

年の後半は何かオペラをやりたいな〜と思っていて、候補はいくつかあるのですが、まだ決めていません。ヴェルディに進んでもいいし、もうしばらくドニゼッティでもいいし、ベッリーニもまだあるし、モーツァルトも楽しいし、ロッシーニももっと歌いたい。一日中フィガロがグルグルしていたかと思うと、途中でドン・ジョヴァンニに切り替わったり。今日は、アイゼンシュタインの持っている懐中時計はどんなのか、っていうのをずっと考えてしまったり。なんだか頭の中がぐちゃぐちゃ。……あと、手古奈をやりたいなあ。日本語のものを歌う機会を増やしたい。上の予定の番外で、あるかもしれないのですが。

|

« ロッシーニ万歳 | トップページ | 十勝平野満喫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロッシーニ万歳 | トップページ | 十勝平野満喫 »