« 久々のヴェルディ | トップページ | フラメンコとライブ »

音の高さと筋力

腹筋攣りそう。

Dove sonoを歌っていて、夜の女王の1曲目と似てるなあ、と思ったのをきっかけに、夜女のアリアを歌ってたのですが。2曲目はそんなに問題ないけど、1曲目は難しい。前半の、レガートともちょっと違う緊張感のある運び方も忍耐がいるし(Dove sonoもだ)、後半のhigh-Fもまだあまり綺麗に嵌らない。歌詞がよく読めていないのもあるけれど、戦略が必要。途中の音型でブレスが崩れてる。

清教徒でやったhigh-Fisのヴァリエーションは、完全に自分のタイミングで歌えるし、跳躍だから軽〜く上げられたのだけれど、ディノーラのhigh-Fは本番けっこうキビシかった。フレーズ単体なら軽いんだけれど、疲れちゃったのと思い切りが足りなかったのとで、上がりすぎ…。あと、FよりFis,Gのほうが出しやすい…。再挑戦の機会が2回ほどあるけど、どうしようかなあ。

high-Es,Eも音質に課題があるけれど、high-F以上はちょっと別問題で。私は下の声でFはギリギリ上がらないので、上行での、high-C,Dあたりの切り替えのタイミングにかかっている気がします。前みたいにがっつり乗せ替えてはいないけれど、全音半音でねちねち上がるより、三度以上で上がるほうが楽。

魔笛を勉強したことがないからわからないけれど、モーツァルトはなんで夜の女王をあんな役に書いたのかな。ああいうの得意な歌手がいたからでしょうけれど、音符の意味がわからない、と思うのが2曲目の前半。いろんなアプローチのものを聞いたけれど、おっとり妖精の女王様然としているもの、激しくパミーナちゃんを責めるもの、全く感情が出ないもの。私は歌っていて、冷ややかに高慢に突き放して脅しにかかるのがいちばんぴったり来たのですが、このキャラだと絶対にミスれない(笑)。

といっても、私にとって夜の女王のアリアは、筋トレです。

|

« 久々のヴェルディ | トップページ | フラメンコとライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々のヴェルディ | トップページ | フラメンコとライブ »