« 秋冬の予定 | トップページ | 歌のテクニカルエレメンツ »

アミーナという役

藤原歌劇団の「夢遊病の女(二日目)」を見てきました。

面白かった。舞台は綺麗だったし、演出も普通。普通がいいんです。この演目も滅多にかからないのだし。

半分は前田さんのアレッシオを見に行ったのですが、これがむちゃくちゃ可愛かったです(おヒゲがなくなってた!)。演出家がこの役を好きなんだな、という感じ。私も好きです。だからアミーナよりリーザがやりたい(笑)。お母さんがいい役で、領主様はいい味でした。彼氏さんはあまり印象に残っていません。彼女ちゃんは可憐でした。

でも、やっぱりなあ、とガッカリしたのは、アミーナがレッジェーロだったこと。それでも成立する役だとは思うのですが、私には物足りない。当日の歌手の方がどうこうではないのですが、どうも歌がかったるいし、うわっつらだけに聞こえてしまう。アミーナは一時、やるかもしれなくて全曲見たのですが、この役はルチーアと同じドラマティック・コロラトゥーラ。でなくても、清教徒のエルヴィーラと同じ、リリック・コロラトゥーラで歌うべきだと私は思っています。

たとえば、1幕二重唱終わりにある。Ah! vorrei trovar paroleのところとか、中低音をしっかりした声でカバーできる歌手が歌えば、すごく印象的なところ(狂乱の中にもオケで回想的に出てきます)。

パンフレットで南條年章さんという方が、そのあたりのことをきっちり書いておられたので、嬉しかったのですが、アミーナの初演はジュディッタ・パスタです。パスタはノルマの初演者で、タンクレディのタンクレディも歌うような人(アリアは三度上げたみたいだけど)。基本の声域がメゾで、ドランマティコ・ダジリタという概念を作ったと言われている伝説的な歌手。もちろん音源があるわけではないのですが、レパートリー諸々、私の憧れの人です。だからカラス様も、アミーナをやったのじゃないかしら。

リリコ以上の質量のある人で、アジリタが回って高音が出て、可憐な雰囲気のある日本人がいないはずがないので、ぜひちゃんとしたところの公演で、そっちの方向性の夢遊病が見てみたいです。

***

そういえば、この前、演奏会形式オケてんこもりの「ドン・カルロ」を見に行ったのですが、フィリッポの志村文彦さんは声も歌も、君臨し苦悩する王様の表現も素晴らしかった。重めではないけれど、バス〜っていう感じ。横山弘泰さんのロドリーゴもよかったけど、いい役っていう印象かな。と、私は最近プロの方を聞きに行った時、好きになった歌手は名前を書くことにしています(忘れるから!)。書かないのは、別に覚えておかなくってもいいや、ということ。

|

« 秋冬の予定 | トップページ | 歌のテクニカルエレメンツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋冬の予定 | トップページ | 歌のテクニカルエレメンツ »