« 清教徒8回目お稽古 | トップページ | 清教徒の難しさ »

清教徒9回目お稽古とhigh-Fis

もう声優先です。

今日はSon Verginまわり、狂乱〜二重唱、3幕流れ。あとは立ちなしで、ピアノ合わせをさせていただきました。演技がついて雑になっているところや、アジリタ、声がイマイチなところをやりなおし。たぶん今の、少しVelataな声の色のまま、余計なことをしないで、丁寧に、発音クリアに、で、なんとかなる気がしてきました。

声の演技過多、のところからスタートして、だんだん落ち着けていくのは癖のようなもので、ほんとうはいつも声のことを考えていないといけないのだと思うのですが、だいたい1週間前ぐらいに理性を取り戻す感じ。でも行き過ぎ〜なところを確かめておくと、ギリギリのところや、安全なところが見えてくるので、わざと軽くとったり、重くとったり、圧力を高くしたり、抜いてみたり。で、重唱のバランスを決めたりします。私、まだまだ声が安定していないので…。共演者にはいい迷惑です。はい、すみません…。

今日はSon VerginのカデンツをFisに上げてみました。Fだと思っていたら、調性が#二つ。そりゃFisです。気づかない私がどうかしています。あ、エルヴィーラはリリコの役なので、high-Fisとか歌おうとする物好きは、たぶん私ぐらいです。本番は、調子良くないとやらないですが…。

思い返すと、11月はRegnavaでhigh-D、3月はルチーア狂乱でhigh-E、5月がディノーラでhigh-F。でもって今回high-Fisとちょっとずつ上がっています。でももう役がない…はず(笑)。

|

« 清教徒8回目お稽古 | トップページ | 清教徒の難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清教徒8回目お稽古 | トップページ | 清教徒の難しさ »