« 清教徒5回目で初立ち稽古? | トップページ | あっさりバカップル〜Vieni fra questa braccia »

転ばない理由〜Son Vergin

膝の話じゃないです。こっちはよくつまづいています。演技は気力。

Son vergin というのは、清教徒で唯一レジェの要素がある曲で、よく転びそうになります。が、お稽古で何度か歌ったのに、最後のオクターブ跳躍付き下降音型は一度も転んだことがありません。私、アジリタうまくなったやん♪ と思っていたのですが、この前の録音を聞いてやっとわかりました。ここ、ジョルジョとユニゾンの掛け合いなのです。おじさまはここ、AAA…のオクターブの繰り返し。エルヴィーラはAAA…の間に装飾音が入っているだけの差で、アクセントだけを聞けば同じことをやっています。リズムは少しずつズレていて、エルヴィーラの休符にジョルジョの上のAが入ってくる感じ。……そりゃ転ばないよ。トランポリン〜というか昔遊園地にあったような巨大風船で、ぽよんぽよん跳んでるみたいなものだもの。

ここはその前から、エルヴィーラとジョルジョでアジリタの引き継ぎをするのですが、内容的にもおじさまがエルヴィーラに語りかけている部分。エルヴィーラはアルトゥーロに向けた台詞なのですが、アルトゥーロは逃亡を助けると決めたエンリケッタと同じ旋律を歌っています。重唱ってほんとうに面白い!

Son verginのポイントは、Bの音色。短い音も長い音も、絶対に愛らしくないといけない。あとはトリルを綺麗に入れること。ヴァリエーションは思うところがあって、やらないのですが、カデンツは入れます。できればhigh-Fに上げたいな、と(笑)。そりゃ対抗心。二人とも本番ではやるかどうか未定ですが。


今回、ぶらあぼの公演情報に載せてもらいました。それだけでお客様に来ていただけるほど甘いものではないですが、お友達お知り合い以外の、清教徒を聞きたい、方の目にとまれば嬉しいなあ。

|

« 清教徒5回目で初立ち稽古? | トップページ | あっさりバカップル〜Vieni fra questa braccia »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清教徒5回目で初立ち稽古? | トップページ | あっさりバカップル〜Vieni fra questa braccia »