« もっとエロく! | トップページ | マイアベーアとワーグナー »

清教徒2回目お稽古とテノールのhigh-F

わーい、聞いちゃいました! アルトゥーロ岡坂弘毅さんの生high-F! もちろん実声。ばっちり!!

アルトゥーロのhigh-Fは、最後の最後3幕アリアと二重唱でさんざんhigh-Dを歌った後の、フィナーレにあります。アリアじゃないので、オペラをやらないと聞けないし、アルトゥーロをやる方でも、歌ってくださる方はごくまれ。本番は調子次第だと思いますが、お稽古で聞けただけでも興奮もの。
でも、昨日ほんとにすごいなあと思ったのは、全曲の最後、ソプラノがhigh-Dのロングトーンで終わるのは当たり前なのですが、ほぼ音切れ(後奏終わり)までテノールもユニゾンだったこと!!

昨日は男声高音祭りで、リッカルド(バリトン)の前田進一郎さんはアリア終わりでばっちりG、でもってジョルジョおじさま(バスバリトン)の大塚博章さんと二重唱終わりでAs! じつは低声の高音感覚ってよくわからないのですが、やるの?やるの?っていう背中に思わずくすっとしてしまいました。お二人の「ラッパを鳴らせ」はかっこよすぎてくらくら。

えーっと、いちおう私も狂乱やったので、最後high-Eは歌ったのですが、どーでもいいな(笑)。昨日ものすごい迫力のワーグナーのコンサートを聞いて、メゾっていいな病が再燃し、ちょっとドラマティックすぎるエルヴィーラだったかも…。もうちょっと可憐に修正します。

初回と合わせて、フルキャストではないですが、これで全幕一通りできました。A te o caraフルメンバーが時間切れ。

|

« もっとエロく! | トップページ | マイアベーアとワーグナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もっとエロく! | トップページ | マイアベーアとワーグナー »