« 「私らしい」音型って? | トップページ | 清教徒ナポリ版とまにゅすくりぷと »

伴奏ピアニストさん

私にとっては魔法使い。

今日はディノーラの、本番ピアニストさんとの初のお稽古でした。ピアニストと一言で言っても、ソロと伴奏はまったくジャンルが違う職業らしい。しかもオペラの伴奏ピアニストは……私にとっては魔法使いです。3時間のオペラでも歌手はずーっと歌いっぱなしじゃないけれど、ピアニストは弾きっぱなし。指揮者がいたらいたで大変だし、いないならいないで大変。歌手はワガママだし、体調に左右されまくるし、アクシデントにも対応しないといけないし。

歌手にもいろんなタイプがあるように、ピアニストもいろいろなタイプがあって、同じ楽器なのにとっても不思議です。ルチーアを弾いてくださった方は、華やかでありがなら、歌手に寄り添って弾いてくださる方。ドン・ジョヴァンニのピアニストさんは、きりっとして芯のあるよく通る音。ボエーム、椿でお世話になった方は、どっしりとして緻密な感じ。今回のピアニストさんは、とても優美で自然な流れに乗せてくださる方。RPG的にいうと、火属性、風属性、土属性、水属性な感じ、です。みんな魔法使い。

いちおう歌がメインなので、ピアニストを引っぱる、ぐらいにならなきゃいけないのだと思うのですが、私にはまだまだ力がないので、ピアニストさんに乗せていただいてばかり。友人にも言われましたが、ほんとうに共演者に恵まれていると思います。今日も優美なアルベジョにうっとり…してないで、しっかり歌わなきゃ。

|

« 「私らしい」音型って? | トップページ | 清教徒ナポリ版とまにゅすくりぷと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「私らしい」音型って? | トップページ | 清教徒ナポリ版とまにゅすくりぷと »