« 声種と役 | トップページ | 「私らしい」音型って? »

方便のくるくるポイ

断捨離とかいうアレ?

ディノーラの稽古で、アジリタの部分、高い音は綺麗なアなのに、低い音はアじゃない。と先生。ががーん。です。確かにその通りです。そうできるんならアであるべきなのです。でも直すのは難しい…。

発声の指導にはいろんな方便が使われます。口を開けろとか閉じろとか、頬を上げろとか目を剥けとか。高い音は口を開けて、低い音は閉じろとか。そういうものは、どこかの段階でくるくるポイするべきなのですが、無意識に染み付いてとれない。歌っている途中にフラッシュバックのように蘇って発声を崩してしまいます。

指導していただいたことが、必ずしも間違いだったわけではないのです。ただ、今の発声でやると過剰だったり余計だったり、不必要だったりするだけで。

この半年ほど、くるくるポイ。余計なことをしない、を心がけてきたのですが、まだまだ残っている。小学校の合唱クラブでの「歌は笑顔で」をポイしたのはごく最近です。頬を高く、とか、口角を上げて、とか、先生ごとにいろんなヴァリエーションがありましたが、最終的にはポイなのです。普通の顔で歌うのが一番自然なのです。

先生とのレッスンとか、自分だけの練習の間、あと歌っていないときはいろいろものを考えますが、できれば共演者とのお稽古も、そして本番も、頭が空っぽできちんとできる状態が最高。……ディノーラ、そろそろ暗譜しなきゃ。。

|

« 声種と役 | トップページ | 「私らしい」音型って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 声種と役 | トップページ | 「私らしい」音型って? »