« ハイライトは体力勝負 | トップページ | プチこうもり »

狂乱のカデンツ

去年の秋に比べたら大したことないですが。

お稽古、3日で3役。土曜日はこうもり、オルロフスキーがだんだんハマってきたかな〜という感じ。暗譜はまだまだですが。動きはちょっと控えめにしました。声もあんまり落とさずに歌いました。ま、本番は本番。男役なので、稽古に行く時は、メイクもちょっと変えています。チークの入れ方とか、シャドウとか、眉の書き方とか。そういうの面白いです。

日曜日はディノーラ。まだ発音やってますが、特に1曲目はお気に入りで、先生にも、次に出すフランスオペラアリア集に入れようかなと言ってもらい、発掘者としては大満足。音大生ちゃんとかが歌ってたら、身悶えするだろうなあ(笑)。一番声に合うのは2曲目のクープレ。3曲目は影の歌ですが…カデンツを決めないと。high-Fどうしようかな。

ディノーラのテノール、高いの?って訊かれて、普通だと思います、って答えたのだけれど、私はかなり高音麻痺しているので……ほんとに高くなかったのかなあ。ソプラノはフレーズの中にDesとかDとか入ってきても、最近なんだか当たり前な感じが…。

で、明日はルチーアなので、練習。ようやく狂乱のカデンツの、納得いく歌い方(解釈)が見つかりました。座禅みたいなものですね。座って座って悟りを得るのと、歌って歌ってようやくわかるのと。自分のコンサートというのは、ある意味何をやってもいいわけで、指揮者も指導者もいないのだし、ちょっと極端なことでもやってみようと思っています。カデンツがどうなったのかは、聞いてのお楽しみ。チケットはそろそろ〆にかかるので、ご来場くださる方は、お早めにご連絡くださいませ。

|

« ハイライトは体力勝負 | トップページ | プチこうもり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイライトは体力勝負 | トップページ | プチこうもり »