« 胸郭の形 | トップページ | ルチーア終演 »

ルチーアの通し稽古

むっちゃ疲れた! 本番が思いやられます。

衣装を付けて、本番のホールで。しかも1部をたっぷりきいた後に発声なしでいきなり歌った(…って本番も発声なしは一緒だ)とかいろいろあって、帰りの電車でも微妙に息切れしてました。体力ないなあ。

何か変えようと思ったり、発声のことを考えたり、舞台の外の動きに気をとられたりしたところで、間違えたりうまくいかなかったり。極めつけは、カデンツ終わりのhigh-Esの腹筋の使い方を変えようとして、腹筋が筋違い!! スポーツ選手か…。もう余計なことをしないで、いつも通り出します。

通しで、立ちは3回目。指輪を嵌めるのが一番緊張しますが、エドガルドさんと指のサイズが同じくらいで便利…って、いいのか、私。狂乱は、ところどころ、エドガルドがいるかのように振る舞うところがあるのですが、エドガルドの(想像上の)立ち位置を決めて、目線の位置を決めて、じーっと見る。カデンツ前からカデンツまでは、「エドガルドとの他愛もない会話できゃらきゃらはしゃいでいる、箸が転がってもおかしいお年頃のルチーアちゃん(実際にはほとんどなかったはずですが、そこは妄想)」を想定しているハズなのですが、間違って「T川さんと私」の会話で笑っているシーンを思い出してしまうと……ちょっと違うノリになってしまうのが危険です。

何はともあれ、去年の秋から歌ってきた二重唱も、あと2回だけ。いっぱい勉強させていただいて、本番は歌手もお客様も楽しめるように、がんばります。

あ、今回、「背景付き字幕」です。どうぞお楽しみに♪

|

« 胸郭の形 | トップページ | ルチーア終演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 胸郭の形 | トップページ | ルチーア終演 »