« プチこうもり | トップページ | 胸郭の形 »

気がついたら

ルチーアまであと10日を切りました。まだお席ちょっとだけありますので、ご来場くださる方はお早めに♪

なーんだか、練習してない気がするんです。もちろんやってるのですが、どこを直してどうこうというより、その時その時の調子で、どう工夫して表現するか、という感じ(ピアニストさんごめんなさい…)。毎回毎回同じようには歌えないし、そういう必要も感じない。とにかく発声がちゃんといけば、ちゃんと歌えるし、そうじゃなかったらかなりいろいろ苦労してなんとかする、という感じ。Esに上がらないことはほとんどないけど、精度はマチマチ。でも嵌らないと落ち込みます。どよーん。

今回は立ちをほんの少しだけやるのですが、エドガルドとの二重唱は、お任せ(笑)。私が気まぐれで何かやっても、適当に始末を付けてくださるので安心感ばっちりです。余計なことやらないで、声を安定させないとなあ。お兄ちゃんとは仲が悪いので、あんまり絡まない。ということで、歌詞の内容さえしっかり入れておけば、あとは当日なんとかなるかなあと。狂乱はだいたいパターンができているので、あとは当日のテンションかな。

狂乱なんか特にそうですが、下の声と上の声、当てる声と外す声、息を混ぜる声と混ぜない声、ピアニッシモ用の声とそれ以外の声、ヴィブラートを付ける声と付けない声、地声の混ぜ方、でもって、完全に開けた声と、そうじゃない声。こういう声がパレットになっていて、どこでどうするかはその時次第だし、趣味の問題。でも「完全に開けた声」というのは特別で、ある意味制御が効きづらいし、ブレスも長くないけど、どうしてもこの声にしたい箇所というのが何カ所かあって、リスクをとることにはなるのだけど、私は、リスクをとらない声は嫌い。完璧な歌唱なんてどうでもいいから、中有に浮いていたい。

|

« プチこうもり | トップページ | 胸郭の形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プチこうもり | トップページ | 胸郭の形 »