« スチューダーのセミラーミデ | トップページ | 江東オペラのボエーム »

…顎のやなこと

ピアノを弾いていて手首がズレるのには慣れました。

といってももうほとんど弾かないのですが、アジリタの音取りとかヴァリエーション作ったりとかは仕方ない。分離症な腰椎もだましだまししかない(ま、これは歌手は多い)。

それより問題が、顎です。顎の位置自体は直していただいて、正しいのですが、上顎の奥に痛みが出ます。今までは、下顎を下げる悪い癖が付いていて、でも下顎が下に外れる分には痛みはないのですが、それが直った。そしたら、こんどは軟口蓋を上げようとする力で、上顎が上に外れちゃう。

問題は、何か発声的に筋肉の使い方を間違っているのか、それともほんとうに正しくて、軟口蓋まわりの筋肉が鍛えられて、私の顎関節がついていけないのか。後者だと……けっこうシリアスな問題です。単にバランスが一時的に崩れているだけならいいんだけど。今のところいつでも出るわけではないので、どういう場合にどうなのか、研究してみなきゃ…。

|

« スチューダーのセミラーミデ | トップページ | 江東オペラのボエーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スチューダーのセミラーミデ | トップページ | 江東オペラのボエーム »