« ルチーアとエルヴィーラ | トップページ | バランス… »

ルチーアのハイライト

やっぱり全曲見る必要がありますねえ…。

今回のハイライトでやる予定なのはこんな感じ。()はカット。
・エンリーコのアリア
・ルチーアのアリア
・ルチーアとエドガルドの二重唱
(ライモンドのアリア)
・ルチーアとエンリーコの二重唱
(結婚式の六重唱)
・エドガルドとエンリーコの二重唱
(ライモンドと合唱の場面)
・ルチーアの狂乱(中間部ソロで)
・エドガルドのアリア

ちょっと珍しいのは、エドガルドとエンリーコの二重唱です。全曲上演でも通例カットされるそうです。コレがないとルチーアがずーっと歌い詰めというので入れていただいたのですが、二人の没落貴族的ヤケッパチなキャラがよく出ているシーンだと思います。ドラマティックだし。しかし、エンリーコ、わざわざ決闘申し込みに行って、負けたらせっかくの策略が何もかもパアじゃないのかね…。

ライモンド絡みのシーンは、そもそもこのキャラ、首尾一貫していなさが甚だしいので、全曲やるのでもカットしたくなるかもしれません。演じる人は大変だなあ。全体的に、リブレットの出来はよくなくて、1つ1つのシーンと、プロットはまともなのに、キャラ設定が甘い…。キャラ設定はきちんとしているのに、プロットが??な清教徒とこれまた対照的。

狂乱は、中間部がどうしてもやりたくて、ソロ版で歌います。清教徒の狂乱中間部は、ソロでやるのは考えにくいですが、ルチーアのほうは、エンリーコとライモンドがいないほうがいい…気が。このあたり、アンサンブルオペラである清教徒と、プリマドンナ&プリモウォーモオペラであるルチーアの違いかな。二人の狂い方の違いでもありますが。

ルチーアちゃん的に欠けているのは、結婚式の場面。本番は歌わないですが、やっておく必要があるな、と。パーツパーツで勉強していると、組み合わせた時にどうも違和感があって、今はそれを揃える作業中。やっぱり最初から全曲勉強すべきですね…。

それにしても、合計20分も狂乱歌うのに、その後にエドガルドのアリアがあるのですよ。もちろん谷川さんのエドガルド。素敵に決まってます。私、そのまま客席で聞きたいくらいなのですが、ずるい!先に死んで!って、ルチーア歌いはみんな思うのだろうなあ…。ドニゼッティも遠隔二重唱でも書いてくれればよかったのに…。

|

« ルチーアとエルヴィーラ | トップページ | バランス… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルチーアとエルヴィーラ | トップページ | バランス… »