« オペラの衣装クローゼット | トップページ | 脱臼というか何というか »

これってけっこう大変?

Una Voceを、日本語自家製口語訳で歌うって決めたはいいけど。

考えてみたらUna Voceを舞台にかけたことがなかった。ということはヴァリエーションが固まっていない。しかも完全にレッジェーロの時に付けたのしかない。

というわけで、ヴァリエーションをやりなおし。カデンツ集を切り貼りして、まずイタリア語版を作ります。一番好きなのと、覚えているのを繋げていったら、ソプラノの派手なのと、メゾ用の色っぽいのが交互に来る感じ。で、イタリア語でさらって、それに日本語を当てて、歌ってみて、あんまりにアレなところのアジリタを大人しいのに差し替え……。これってけっこう大変だったかも。初回合わせは完璧には入りそうにありません。。日本語版で最後カデンツやってhigh-Eに上げるのは……いくらなんでも……やっぱり無理かしら。

他の曲もそれぞれやることがいろいろあって、チリビリビンは表情をしっかり決めなきゃいけないし、優しき愛の歌のほうは響きの入れ方を。重唱予定の曲はいろんな調性で歌ってみるテスト。声はちょっと本番のロザリンデを引きずっていて、中音厚め。今年いっぱいは下を鳴らしておこう。

クリスマスの準備の前に、ボエームを全曲歌ってみました。ミミは大嫌いだけれど、その分、役を自分と違うところで作ったので、ある意味逃避しやすいのかもしれません。あんな、愚かでしたたかで、ドあつかましい女になってみたい…。

|

« オペラの衣装クローゼット | トップページ | 脱臼というか何というか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オペラの衣装クローゼット | トップページ | 脱臼というか何というか »