« 歌わない日 | トップページ | ベルカント! »

あ、立ちやるんですよね…

ということで、本番4日前に、初回通しで初回立ち稽古。

立ち稽古というのは、演技付きの稽古のことです。出ハケ(舞台からの出入り位置)だけは決めてあったものの、打ち合わせなしでいきなり立ちに入る。……だんだん慣れてきました、こういうの。あんまりオロオロしないで、動いて歌えるようになってきたかな。

でもミカエラでよかった。ずーっと受けの芝居だけなので、経験豊富なホセさんにお任せっきり。お任せっきり、な雰囲気がそのままミカエラになるので、楽です。二重唱は好き好き嬉しいオーラ満開で歌うのですが、だってうっとりなお声でほんとに素敵なんだもん♪ こんなにやりやすいことはありません。

しかも先生のキャラクターイメージで、このミカエラはまったく清純派、ホセも超堅物の真面目ちゃんということになっているので、ほとんどくっつきもしない。キスも指を自分の唇にあてて、おでこにぴってするだけ。宗教的な意味のあるキスなんだそうです。

歌の方は、ようやく声がまともに出るようになったものの、今ひとつ安定しない。この役はリリコの声で歌われることが多いのですが、先生のミカエラはリリコ・レッジェの活発で純粋な少女。つまりリリコ・レッジェの声のまま、リリコの旋律、テッシトゥーラを歌うわけで、ブレスの保持位置がどうも決まらない、息も吸いにくいし落ち着かない感じ。たぶんその落ち着かない感じがいいのだろうけれど、バランスとれなくてけっこうキツい。難しいです。

|

« 歌わない日 | トップページ | ベルカント! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌わない日 | トップページ | ベルカント! »