« 卵殻膜とエーラス | トップページ | こっちでいい気がする »

お稽古の明暗

どーでもいいですが、一人で=練習、先生と=レッスン、合わせ=お稽古、と自分の中で区別しています。

ということで、この週末にかけて、カルメン、コンサート、こうもりのお稽古が合ったのですが…。

カルメン初稽古。平日夜だったのもあり、いろいろあり、もう発声の自体で玉砕…。音楽とかホセさんの声に体が入って行かず、普段しないミスを次々にやらかしてしまいました。2回目の役でお相手も同じなのに……ホセさん、先生ごめんなさい(泣)。リリコじゃなくてリリコ・レッジェーロなミカエラでいいと言われているのですが、けっこうコントロールが難しい…。録音聞くのもイヤですが、これが一番本番近いのです。次の稽古は休日なので、体調と声を整えていかなきゃ。

コンサート(ルチーアとテル)の初稽古は、相変わらず7度8分の熱を薬で下げて臨んだわりには、比較的よかったかも…。それってベルカントだから? レッジェーロな役だから? やっぱりピアニストさんが、うまく持って行ってくださったからかな。音が上がりきらなかったりしたところをどう処理していくか、課題が見える感じのお稽古でした。今回一番の難曲SelvaOpacaは、自分でも去年の夏に歌った時よりうまく歌えるようになったなあという印象♪

こうもりのお稽古は、練習してないのに上手くなっているわけがないです。はい……。

というわけで、10/30のカルメン@大泉学園は、チケット余裕あります♪
11/12のコンサート@六本木は、ちょっとお早めに、かな。

|

« 卵殻膜とエーラス | トップページ | こっちでいい気がする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卵殻膜とエーラス | トップページ | こっちでいい気がする »