« こっちでいい気がする | トップページ | Facebookはじめてみました »

難しいアリアって

Selva Opacaは、先生いわく「地味に難しい」らしいです。

難しいアリア、といっても人によると思いますが、私の場合一番に浮かぶのはノルマのCasta Divaです。とにかくブレスが安定していて長くて、ゆったりとした大きな流れがあって、途中の装飾音をその流れから出ないようにできないと、この曲を歌う価値がありません。Selva Opacaの難しさもこの路線です。トロヴァトーレのD'amor sulla'li roseeも似たところがあります。

アジリタの技巧が一番難しいと思うのはディノラーのOmbra leggiera(原曲フランス語)。最初から最後まで、絶対に愛らしくなくちゃいけない。……最近よく、これを歌って!と人に押し付けています。歌ったことはないのですが、ナクソス島のアリアドネのツェルビネッタとかもこのへん?

ディノラーのアジリタは、徹底的に軽くなくてはいけないのですが、腹の据わったアジリタで、私が歌った中で一番難しいのは、セミラーミデの、アッスールとの二重唱。アリアのBel raggio lusinghierが有名ですが、二重唱ってアリアよりゼンゼン難しいんだ〜と思った初めての曲です。

コロラトゥーラの難曲で有名なのは、ルチーアの狂乱ですが、難曲というより、難役だと思います。

難曲といえば魔笛の夜の女王のアリアが出てきますが、技術的にどうではなくて、声が合うか合わないかな気がします。あの曲で一番難しいのは途中の三蓮府が続くところ。だいたい、基本的に、モーツァルトは歌いにくい。フィガロのDove Sonoとか、音楽的だけど声楽的じゃない。

技巧のためのアジリタの曲といえば、ヘンデルのTo sol casti il mare。ヘンデルはモーツァルトと同じく器楽的ではあるのですが、ちゃんと声楽的に書かれているので、歌っていて楽しいです。

……さて、これって逃避かなあ。練習と体力の兼ね合いが難しい昨今です。

|

« こっちでいい気がする | トップページ | Facebookはじめてみました »

コメント

歌生活、充実してるのが伝わってくる最近の記事。とてもいい感じです(o^-^o)
今日レッスンでOmbre legereやったよ。で、次はツェルビネッタやれって。夜の女王はちゃんとやったことないけど、数あるコロラトゥーラの難役、難曲に比べればそれほど難しくないような気がする。
私が今まで1番難しいと思ったのはラクメ。アジリタどうのこうの以前に音が難しい。全幕歌いきるひとがなかなかいないから上演回数少ないってすごくわかる。
ロッシーニもろもろ、ぜひ開拓してくださいlovely楽しみにしてる~。

投稿: Kosuzu | 2011/10/21 22:12

お、ツェルビネッタ聞きたい! あれhigh-Gなかったっけ。ヴァリエーション?
お互いがんばりましょうね〜。

投稿: Tamaki | 2011/10/22 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こっちでいい気がする | トップページ | Facebookはじめてみました »