« 椿姫のヴィオレッタ | トップページ | 惚れた弱み »

歌手唱歌法

国立国会図書館の「近代デジタルライブラリー」をご存知ですか?

私はこれを、「猫の児をもらひに遣る文」を検索したときに見つけたのだけれど、ふと思い立ってオペラ関係の文献を見てみると……いやはや面白いです。

三浦環歌劇音楽学校出版部、昭和13年。歌劇流行歌手専用講習録 第3号。歌手唱歌法(これは、しょうがほう、と訓するのではないかと思う)。
これをもって勉強していた人はきっと今、ご存命でも100歳を超え、これをもって指導していた人はおそらく鬼籍に入っておられましょうが……なんだかすごく普通で、すごく有意義。

他にも、オペラ概論みたいな本や、オペラの解説、なぜか連隊の娘の古いリブレットなどいろいろ。オペラが日本で本格的に演じられはじめた時代のものなので、なんだか教えよう、広めよう、やっていこう、作っていこう、という情熱に満ちていて、なんだか「この人たちを追いかけていきたいな」と思いました。国立国会図書館に感謝♪

さ、練習しようっと。

|

« 椿姫のヴィオレッタ | トップページ | 惚れた弱み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 椿姫のヴィオレッタ | トップページ | 惚れた弱み »