« 28回目お稽古の一日前 | トップページ | 雪見温泉@青森 »

死にそうなGPと死ぬ気の本番

ドン・ジョヴァンニ、終わりました。もうほんとに。

ご来場くださいましたお客様、お手伝いくださいました皆様、共演者の皆様に心から感謝申し上げます。
諸々の手違い、不行き届き、細かいミスは明日からのハートブレイク旅行で反省するとして。

前日、夜は小道具の運搬をご一緒したヅェルリーナ、レポレッロと、楽しくお食事させていただいたのにもかかわらず、結局昼夜ともに吐いてしまい。最低の体調。吐いて休んだ後にちょっと歌ってみて、声に問題がないのは確認したけれど。

当日、朝からアクシデントと思い違いがいろいろあって、GPまでにくたくた。歌える気がしない。共演者が心配して声をかけてくださるのだけれど、緊張してません。自信もあります(笑)。純粋に体力切れ。それでも間に少し栄養を摂ったりして、2幕まで歌う。ブレスのポジション、まったくハマらない。本番、歌える気がしないけれど、あまり考えないことにする。

当日スケジュールも押しまくって、受付を見に行けない。食事をして(ウィーダーインゼリーとカロリーメイト)、ヘア、メイクをしたらもう予ベルの5分前。発声する時間なし。しかも袖スタンバイではなくて、受付のある2階のお客様入り口。扉と扉の間に入って、閉め切ってもらう。Sola sola in buio loco... 1番が始まる。みんなの声だけが聞こえる。ドキドキ。この時間が一番緊張した。袖だったらみんなとご挨拶したり、握手したり抱き合ったりして気がまぎれるのに。
客席通路から入。スポットに追われている影が見える。3番歌ってセッコに入る。とりあえず歌えてはいる。詰め寄るところで滑りかける。終わったらカタログが待っている。演技、何とかなってるのだろうか。何せ歌っているレポレッロがほとんど見えないので、信じるしかない。
袖に入って、念のために持ってきたブドウ糖でドーピング。これは大正解。なかったら倒れてたかも…。ウチの謎の備蓄品はこうやってたまに役に立つ。
8番、引っ込んですぐ9番。3番でちょっと浮いていたポジションが、いい感じに落ちている。ちょっと落ち過ぎ開き過ぎだけれど、このままつっぱしることにする。若干荒れるのはもう仕方ない。9番の詰め寄るところで足がツってしまう。GPで捻ったのも原因かも。サポーターしていてよかった。
1幕フィナーレ、お祈りの3重唱でやらかす。間違えた…。しかも集中力不足で間違えた。仕方ない。その後の三人組のアンサンブルはいつもよりいい感じ。七重唱はちょっと声が荒れるところがあったので、旋律線の上に絞り気味にした。中音は自分で聞こえている以上に出ているはず。これも信じるしかない。
2幕。休憩中のお客様の間を通って、バルコニーにスタンバイ。しばらくお客様を眺めている。15番、声の聞こえ方がおかしい。舞台の声がGPより遠くて、自分の声ばかり聞こえる。怖いけれどそのまま歌うしかない。……今思えばお客様がいる分吸われてたのかも。15番終わりのセッコ、GPの時に間違えたところはなんとか修正。いつもより余分にいちゃいちゃしております。たぶん。ここもレポレッロが見えない。
19番、声はまあまあ。オッターヴィオのアリアの途中でハケて、エルヴィーラのアリアの心の準備。キツいけれどもうやるしかない。
Mi tradiは、まああんなものかな、と。最後の最後で疲れてしまったけれど、やりすぎず、アジリタは少しヘンデル風に、重心を後ろにして歌うというのはなんとか思い出す。演技は、もうちょっと考えればよかったけれど、当日立ち位置云々、いろいろ変わったので、自分自身でも多くは望めない。終わったら息切れ。
2幕フィナーレの乱入、ジョヴァンニさんも本番でちょっと演技を変えていた。そのほうがよかったと思う。歌はもう最後。発声に不安はなかったけれど、Bがちゃんと上がってほっとする。でもその後のキャーのほうが音が高かったような(笑)。
最終シェーナ、終わるんだな〜という感じ。最後のハケ位置が変わったのを何とか思い出す。その後、カーテンコールでおしまい。お客様たちにお会いして、花束と差し入れをいーーーっぱいいただいた。嬉しかった。
撤収、スタッフさんのご協力もあり、思ったよりはやく終わる。みなさまとご挨拶して、ホールにお支払いに行って、ロビーで死んでる。しばらく横になれてかなり楽になった。打ち上げもとりあえず最後まで出られたし。

***

オペラは公演中常に舞台にいるわけではないので、袖ではいろいろ面白いことがある。基本的には下袖で座って体力の温存につとめていたのだけれど、慰めあったり励ましあったり。アンナちゃまと「冷たい手を」ごっこをしてみたり。ただくっついて座っているだけでも、なんだか労りあう雰囲気があって好き。みんな本番に強くて、どうかな〜と思っていたいくつかのことも本番ではいい感じだった。もちろんまったく瑕疵がなかったわけではないし、まだ録音も録画も聞いていないのだけれど、ん。本番、楽しかったです。

|

« 28回目お稽古の一日前 | トップページ | 雪見温泉@青森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 28回目お稽古の一日前 | トップページ | 雪見温泉@青森 »