« 猫のかたちとオペラの敷居 | トップページ | ホロスコープ »

23回目お稽古は通し

字幕ができました。まだチェック中だけれど。

お友達が何人か合唱&スタッフで見にきてくれて、楽しかった。のだけれど、暗〜い私。昨日は結局、自主練習もお休みしたので、相変わらず直さなきゃいけないところが直っていなくて。それもあるのだけれど、私、やっぱりこうなったな。という……。結局、体調はあまりよくならず。とりあえず出に出て歌うということだけはギリギリできたのだけれど。たくさん余計な心配をかけて、私はいろいろ配慮が行き届かず。でもまあ暗くなっていても仕方がないし、どんなにヤクザな体でも取り替えられないのが声楽だし。

さて、通し稽古の楽しい点は、みんながアリアをちゃんと(力を抜いたりはするけれど)歌ってくださることです。今回のアンナちゃまが歌う、1幕のアリア、私はほんとうに大好きです。ともすれば内容的に無駄にドラマティックに歌ってしまうところを、ストイックにクールに歌うことで、旋律の魅力が際立っている気がします。2幕のオッターヴィオのアリア、ロングトーンのキラキラした広がりのある声に、ああオペラ歌手っていうのは、とにかく何より声なんだなと思います(他が良くないわけでは決してないけれど、印象に残るのだもの)。レポレッロは最近ちょっとへたばっているようなのですが、明るい心地いい声で、カタログ聞きながら怒るのを忘れてしまいます(あかんやん)。しかし、カタログを猫の本にしてしまったのは失策。なごんでしまいます。違うのにしよう…。

と、大きい難しいアリアがあるのはこの3人……と私。みんなのアリアが聞ける、ということは、自分のアリアも歌わなきゃいけないわけで。流れの中で歌うのは、気持ちを持って行くのがしんどいです。小アリア2つと大きなアリア、どれもまだ解釈が整理できていなくて、納得できる出来になっていません。一週間、イメージトレーニングでがんばります。

|

« 猫のかたちとオペラの敷居 | トップページ | ホロスコープ »

コメント

うらやましいなぁ、大きなアリア。。。

あっ、きのうは本当にありがとうございました。

投稿: 丼序盤② | 2011/02/14 14:36

うちのドンジョヴァ来ていただけるそうで、ありがとうございます。
ぜひ労働には労働で(笑)。

投稿: Tamaki | 2011/02/14 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫のかたちとオペラの敷居 | トップページ | ホロスコープ »