« ジョルジョおじさま | トップページ | 21回目お稽古 »

20回目お稽古と飲んだくれ

ついに大台です。

10回目お稽古は音楽稽古が佳境だったのだけれど、20回目は、立ち稽古が佳境。やっと2幕の三重唱の後のセッコがちゃんと入りました。今回エルヴィーラの最初の長台詞がカットなので、そこぐらいしかまとまったセッコないのに、何をやってたんだか。
演技は、怒るのが大変です。演出兼レポレッロさんとのシーン(いちばん多い)は返しが少なくて、私、ちゃんとできてるのかな〜とドキドキ。カタログとかちゃんとどう動くのか、決めて整理していかないと。相手はしなきゃいけないし、アリアの邪魔はしちゃいけないし、相変わらず難しいです。
2幕のオッターヴィオのお馬鹿な惚気のアリア(il mio tesoro)は、エルヴィーラは早々に呆れて行ってしまうのですが、ヅェルリーナ組は離れようとしたらオッターヴィオに留められて、と、今日偶然、だるまさんがころんだ、状態になって、面白かったです。最後は誰もいなくなって、オッターヴィオだけ気づいてなかった、というオチ。
ドレスの裾(トレーン)上げもできたので、明日は衣装をつけて動いてみようと思います。フィガロの時に、ゼンゼン衣装でお稽古しなくて、裾の始末が不細工だったので、何度かやってみよう〜。

ホルモンバランスの関係で、今はちょうど関節が緩んでいる時期なのですが、考えてみたらちょうど1ヶ月後の本番もおそらくこの状態。困ったものです。

お稽古の後は、オペラ友達がオーナーのバーで、ヅェルリーナちゃまとレポレッロさんと飲んだくれ。気がつくと有楽町線の終電がなくなっていました…。

|

« ジョルジョおじさま | トップページ | 21回目お稽古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジョルジョおじさま | トップページ | 21回目お稽古 »