« 12回目お稽古とシモン・ボッカネグラとお葬式 | トップページ | 14回目お稽古 »

13回目お稽古とレパートリーの話

立ち稽古初回。玉砕。

今日は研究所で椿姫2幕前半の後半。いつもは発声の話ばっかりなのだけれど、今日はちょっとレパートリーの話に。研究所の先生いわくは、リリコ・レッジェーロ。ミミはちょっと重い。ヴィオレッタも後半重い。ジルダ、アディーナ、ルチーアらへんということ。でもよく聞いてみると、レパートリーという意味がちょっと違う。今の発声でできるだけボロを出さずに歌える役、ということらしい。私の欠点は、プッチーニとか特に、ドラマティックを表現しようとして、発声を荒らしてしまうことなんだけれど、ドンナ・エルヴィーラが歌いやすいのは、曲がそういうのを要求しないモーツァルトだから。ロッシーニが好きなのも、アジリタ三昧で余計なことをする暇がなく、ポジションが落ちないから。ポジションが落ちないのが、レパートリーだという考え方。実に実用的。
私の先生はそうではなくて、レパートリーを、今の声ではなくて、持っている声質で当てておられるので、私の声はリリコ・レッジェーロからドランマティコ。研究所の先生よりも重いものが課題に出る。でも将来めざす方向性としてはそれでいいのだと思う。というか、スカラ座デビューをめざすなら人に勝てる役は何か、というのと、年に1回リサイタルをやるためのレパートリーという違い(あとイタリア基準と日本基準)。私の不幸!?はこれが違っているところから来ているのだけれど、声質は持って産まれたものだから、技術的なところをなンとか合わせに行くしかない、わけで。

さてそんなことを考えたり考えなかったりしながら向かった13回目のお稽古。今日からほんとに立ち稽古。あー、思い出したくありません……。もう小アリアやってカタログのお相手やって、その後、(自分の)2曲目で既に疲れちゃった私。知恵熱出そう……というか、演技のことを何にも考えて行かなかった私が悪いのだけれども。そもそも演技に慣れていないのもあって、いろいろドタバタしてしまいました(泣)。それに「消費体力」的に本番が不安になってきます。体の制約もいろいろあるし。でもレポちゃんもジョヴァンニさんもオッターヴィオくんも(絡みの多い順)、絡みのない騎士長さんも、さりげなく助けてくださるので、なンとかがんばらなきゃ。でもって明日もお稽古です…。出ハケと動きぐらいはちゃんと覚えておかなきゃ…。
諸々あって女声が一人だったのですが、男性陣が歌うヅェルリーナとアンナは、なかなか爆笑でした。性別逆転ドン・ジョヴァンニも楽しいかもしれないと思った…けど、余裕があったわけではないのよ?(笑)。

|

« 12回目お稽古とシモン・ボッカネグラとお葬式 | トップページ | 14回目お稽古 »

コメント

本日は諸々お疲れさまでした。そうですか、椿姫のほうはそんな感じだったのですか。レパートリーの話、興味深いです。
明日の稽古は行きます。よろしくお願いします。早口のとこの暗譜まだ適当。「ぐじゅぐじゅ・・・」でも許してねcoldsweats01

投稿: Kosuzu | 2011/01/10 00:20

大丈夫、まだみんなカンペかリブレットか楽譜持ってやってるから(笑)。
風邪ぶりかえさないように、あったかくしていらしてね。

投稿: Tamaki | 2011/01/10 07:34

3日連続でお疲れ様でした~。
暗譜頑張りますね σ(^_^;)

ところで、私も椿姫にジェルモン役で出演が決まりました♪
もちろん、DonGiovanniが優先です(^-^)/

投稿: むらどん♪ | 2011/01/12 15:00

ウチのほうのジョヴァンニ様、こんばんは。
ジェロモ〜ン、お似合いになると思いますよ♪
いろいろこなして、お元気なのを見習いたいです( ´・ω・`)

投稿: Tamaki | 2011/01/12 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12回目お稽古とシモン・ボッカネグラとお葬式 | トップページ | 14回目お稽古 »