« 木曜日!? | トップページ | 13回目お稽古とレパートリーの話 »

12回目お稽古とシモン・ボッカネグラとお葬式

ひどいタイトル、とんでもない一日。

朝からせれん様のお葬式。死後硬直が解けていて、手がふにゃふにゃして、生きているみたい。飾っていた薔薇の花だけを切ってお供えする。綺麗な骨、尻尾の骨も形のまま。もう腐らない。生きているということは腐らないということなのだな、と思う。
身禊ぎするわけではないけれど、服をすべて着替えて、シャワーを浴びるともう出る時間。一回も声を出さずにレッスンに行く。シモン・ボッカネグラ。あんまり練習できていないけれど、声は出しやすい。柔らかく綺麗なアリアなので、つい隠ってしまうところをご指摘いただく。もっともっと前。低音も固めて構えて出してしまうところ。普通にしても低い音が出る。普通にしても高い音が出る。自分で自分が信用できていない。普通の顔で普通に歌うことができたら、それが一番。シモンが終わっていないけれど、次はヴェルディの海賊か、群盗。リッチャレッリがよく歌っていたような、ヴェルディの初期のものが合っているんじゃないか、とのこと。まだベルカントの影響を受けているのだけれど、ベッリーニではないような中音の使い方をしている。後期はほんとのスピントだから、別に今やらなくてもいい。なお、誤植。Fが間違いで、Fisが正しい。繰り返しと同じ。
でもって、12回目お稽古。遅刻。人が少ないので、レポレッロもマゼットも騎士長も歌えるオッターヴィオさん(この時点でオカシイ)が大活躍。アンナもヅェも歌ってた(笑)。ジョヴァンニとの重唱、セッコを中心に特訓。ピアニストが変わったので、アリアを確認させてもらう。指揮者とノリが合わない。延々とうねりのようなものが続いていくアリアなので、下手をすると平板につまらなくなってしまう。自分ももっときっちりやらないと…。年末からあんまり歌っていないけれど、レッスンの後だから声はまあまあ。でもやっぱり集中力には欠けていて、わけわからないところで入れなかったり、アジリタや強弱の細かいところを投げちゃってたり。いけないなあと思いながら、でも完全に平静でいられたなら、そんな自分はイヤだなあと思ってみたり。Sola solaのアンナをちょっと歌ったけれど、今日はアンナならいい感じに歌えたのかもしれない。

|

« 木曜日!? | トップページ | 13回目お稽古とレパートリーの話 »

コメント

こちらは土曜日DGの通し稽古でした。
ほぼ暗譜したつもりなんだけど、
立つとまだまだ出てこない歌詞が結構あるんですよねぇ。
土曜日はその後ルチアの合唱やって、
日曜日は愛妙と椿のダブルヘッダー・・・
われながらムチャクチャやってます。
お互いカラダに気をつけて頑張りませう。

投稿: Kuwanissimo | 2011/01/10 01:57

ウチのじゃないオッターヴィオさん、こんにちは。
みなさんいろいろドタバタですねえ。ま、男声は需給の関係で仕方ありません(笑)。
私信部分は編集しちゃいましたが悪しからず。

投稿: Tamaki | 2011/01/10 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木曜日!? | トップページ | 13回目お稽古とレパートリーの話 »