« マルゲリータの狂乱 | トップページ | 猫たちも大混乱 »

風邪のジレンマ

風邪を治す薬はない、というのは常識? 非常識?

今週は、流行に遅れず風邪。肺炎の上司がお休みしないような職場です(私はそんな過酷な働き方はしていませんが)。
職場の友人に風邪薬飲んだ? と言われて、痛み止め飲んでるからダメって言うと、痛み止め=解熱剤は体に悪いから、風邪薬飲みなさい、と。いや、だって、風邪を治す薬はないし、熱風邪用なら主成分は同じ。というより私の愛用のアセトアミノフェンは、市販風邪薬の解熱成分の中でも弱い方です。だいたい熱を出すというのは体が風邪に対抗しているのだから、熱出してしまって耐えられる体力があるなら、飲まない方がよいのです。
というのはわかっているのですが、解熱剤と痛み止めが兼用なせいで、熱を押さえてしまっていてイヤな感じ。咳も喉の腫れも取れたのに、ダラダラと頭がふわふわしています。解熱しない痛み止めってないのかしら……(キツくないもので)。

|

« マルゲリータの狂乱 | トップページ | 猫たちも大混乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルゲリータの狂乱 | トップページ | 猫たちも大混乱 »