« タルタルソース | トップページ | エルヴィーラとエルヴィーラの間 »

4回目お稽古

アンナちゃま登場。女声が三人ともいたので楽をさせてもらいました。うふふ。

1幕から、2幕の途中まで通し。2幕、三重唱終わりからちょっとバテて、16番は抜いて歌っちゃった。声がばててるわけではないのだけれど、ヤク(痛み止め=解熱剤)切れでしょうか、私。

重唱の響きの問題は、場当たり的な解決方法を見つけました。要するに隠れることにしました。でももちろんうまくいかなかったところもあります。1幕フィナーレの中の三重唱…。あれ大好きなのですが、アンナとエルヴィーラが両方主旋律な顔してるから、困っちゃいます。でも今日は3回目より全体のポジションを高めに取ったので、上の抜けは問題なかった……はず。下の厚みも、まああんなもんかな。

終わってからトロヴァトーレ、二重唱の途中で、ちょっと動いただけなのに肘に激痛。肘は手首とかと違って外れにくいので、そのぶん痛いのです。何にも考えてなかった分、勢いがついちゃったのだな…。あれ、本番でやらかしたら一瞬顔に出ちゃうかも。困ったものです。アリアは……20歳そこそこの頃に歌った時のブレスとか歌詞の入れ方とかから離れられなくて、これも困ったものです。若い(声も技術も未熟な)頃に大きなアリアは……やっぱりやらないほうがいいのかも。

|

« タルタルソース | トップページ | エルヴィーラとエルヴィーラの間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タルタルソース | トップページ | エルヴィーラとエルヴィーラの間 »