« エルヴィーラとエルヴィーラの間 | トップページ | 歌姫の論理 »

冬眠したい病

気候的に秋の季節がありませんでしたが、気づけばもう11月。

以前、病気について、いつの季節が一番マシかと訊かれたのですが。春はいいけどすぐ梅雨だし、夏は薄着で冷房の上に台風が来て最悪、秋は長雨が過ぎたごく一時期だけ良好。冬は気圧が安定してることが多いし、着込むし、冷房がないので比較的マシ(風邪をひかなければ)。と、まあ関節の状態はそうなのですが、無茶苦茶な自律神経のせいで冬は嗜眠症?というぐらい眠くて、結局、使える時間を考えると、夏のほうがマシなのかもしれません。以前同じように「冬眠したい病」な友人と、季節休暇の導入について真剣に議論したことがありますが……2ヶ月丸々休暇がとれるなら、春夏秋冬のどこ?

相変わらずこのブログは、病気情報を見に来られる方も多いので、しんどいことを隠さないで書こうと思っているのですが、同病の方から見ると、やっぱり、無茶してるなあと思われるのでしょうか。2年前ぐらいの自分に、こんな生活しているよと言ったら、後先考えなさいって言われるかもしれないけれど。歌わないでフラフラしながら仕事だけしてるのと、仕事してフラフラしながら歌ってるのとだと、やっぱり今のほうが多少健康的かな、と思います。ちょっとだけだけれど体力ついたし。人と関わることが増えたのも、胸が狭まることもあるけれど、やっぱりいいことですし。自分の性格が、他人という鏡を通して、いいところも悪いところも見えてくるのも、いろいろ思いがけないものです。幾つか、ある方面では、改めて、ああこれは死ぬまでダメなのだろうなあというところも、再認識させられるのですが(苦笑)。

|

« エルヴィーラとエルヴィーラの間 | トップページ | 歌姫の論理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エルヴィーラとエルヴィーラの間 | トップページ | 歌姫の論理 »