« ドン・ジョヴァンニ!のお知らせ | トップページ | あと二日と半分 »

もうお別れかも…

でも悲しいので、冷却期間を置こうと思います。エルヴィーラ。

今日のレッスンはドンナのないほうのエルヴィーラのやり直し。だったのですが、もう彼女とはお別れなのかもしれません( i _ i ) 前回はエルヴィーラに合わせて発声を浮かせてしまい、先生に、悪くないけどもっといい声で歌えるはず、と言われたのですが、今いちばんいい声、正しいポジションで歌うと……エルヴィーラじゃなくなってしまいました。そこからいろいろ調整はしたのですが、どうしても違うなあという感じ。他人が歌っているのを聞いているのなら、曲を変えた方がいいと言ってしまうところです。
今の声に変えてきて、アミーナとお別れする覚悟はできたのですが、清教徒…。全曲やりたかったのに…というか、おじさまとの二重唱も歌わずじまい? ああ、ルチーアもかなあ。でも次の課題がメフィストフェレな時点でもう……。カラスはどっちも歌ってるもん……というのは、禁句?!

レパートリーについていろいろ話をしていて、私はリリコ・レッジェーロの下にドラマティコがあって、リリコの下にリリコ・スピントがあって、その間に壁を感じる。前者は歌いやすいし好きだけど、後者はきらい、と言ったら、先生もちょっと思い当たることがあったらしいです。トゥーランドットのトゥーランドット姫は、そのうちやってみよう。

研究所はいつもと違う先生だったので、トロヴァトーレのレオノーラの1幕のアリアと、ドンナ・エルヴィーラの最初のアリアを見ていただきました(椿姫は…)。レオノーラはおおむね問題なし。カバレッタまでやっても、3幕のアリアの1/10ぐらいには簡単です。レパートリーについて、いろいろ教えていただきましたが……イタリアデビューを前提にするのはどうかと(笑)。
ドンナ・エルヴィーラは、今はレオノーラのポジションで歌っているのですが、それ以上下げないほうがいいとのこと。ソプラノもメゾもご経験のある先生には、私の試行錯誤がよくわかっていただけたようです。そこの調整はもうこれで決めてしまおう〜。ズレたら二重唱のレオノーラに戻せばいいのだし。
ドンナ・エルヴィーラで一番気になっているのは、上と下の声が変わってしまうこと、とご相談すると、それができたら今すぐエルヴィーラで(メジャー)デビューできる、と(‾_‾;)  ご指摘をいただいたのは、モーツァルトの付点のリズムの感じ方。やっぱりベルカント物の癖があります、私。

|

« ドン・ジョヴァンニ!のお知らせ | トップページ | あと二日と半分 »

コメント

エルヴィラの伯父さんの譜読み、さきごろ終わりました。

投稿: にわひろし | 2010/11/22 15:01

(T ^ T)
ドルチェを作り直したら再挑戦します! たぶん…。

投稿: たまきねこ | 2010/11/22 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドン・ジョヴァンニ!のお知らせ | トップページ | あと二日と半分 »