« 5回目お稽古 | トップページ | たぶんできない »

猛スピードならOK

仮住まいでいろいろ、時間が狂ってしまっています。

練習するのにレッスンルーム借りて、お化粧して外に出て……というのがまず。近いけれどしんどいものです。レッスンルームはデッドなところが多くて、喉に無理がかかるし。はやくおうちに帰りたい…。

そんなこんなで椿姫に手がつけられるわけもなく(いちおうやったけど)、昨日は研究所でトロヴァトーレを見ていただきました。アリアは停められまくり、でもとにかく抜かなければいいポジションをキープできるようで、カデンツが要特訓な以外はなんとかなるかな…。トリルの入れ方も整理していただいたし(結局カラスの入れ方)。猛スピードだった二重唱のポジションはOKをいただきました。前半からカラスのより速かった。必死、汗だく。いろんな曲のカバレッタもそうだけど、速いほうがいいってどうやねん(要は筋肉足りてない…)。

今いろいろやっている重いものを研究所の先生に見ていただくのが初めてだった(ボエームはレッジェーロで歌った)のと、一昨日のドンナ・エルヴィーラの録音が時々ちょっとこもりぎみかなという印象があったので、レオノーラの二重唱のポジション、レッジェーロの時に比べるとかなりスクーロ(深い)かつシャープ、がOKいただけたので安心しました。スクーロに取って落ちたときに、どういう方向に修正すればいいかもちょっとわかってきたし、私の中で1つの基準になりそうです。

|

« 5回目お稽古 | トップページ | たぶんできない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5回目お稽古 | トップページ | たぶんできない »