« あっちこっち譜読み | トップページ | 好きなものを好きなだけ »

ブレスのポジション

今日はなごなごな歌い手さんたちの会で、なごなごな方とお会いした、なごなごな一日。

人前に出る職業で、空気がなごなごしているというのは基本的にはとてもいいことだと思います。悪役とか冷酷な役とかもオペラにはあるけれど、歌い終えて素に戻ること自体が、枝雀さんの言う緊張と緩和になるし。私はあんまりなごなごな空気の人ではないので、ほっこりするほうだけれど。人間誰でも、自分にないものが欲しくなるのだなあ、と。

レッスンはドンナ・エルヴィーラの1幕フィナーレ。ところどころ音取りがアヤシい。でもそろそろ先生のところでは違うもの〜本来の、リリコ・レッジェーロのレパートリーをやろうかなっと。

レパートリーの直球ど真ん中というのは何か、という話で、それはつまり、自然に歌えるもの、声が正しくなるもの、だねということで、先生はミミらしい。ふむふむ。私は清教徒。先生は軽いものだと愛妙らしいけれど、私はアディーナだけはイマイチ。面白い。

今日はたまたま、コルセット付きのスカートだったせいで、息の吸い方の話になって。ルチーアの狂乱を歌うときと蝶々さんを歌う時の息の吸い方は違うんだと。へえ〜。全く今まで認識していませんでしたが、無意識に音の高さでブレスのポジションを変えていたらしく、アクートをソプラクートの位置でブレスしていたようです。で、high-Cより上と下で分けるようにと。Bまでは中音域だと思って体の使い方を変えないようにと言われました。でもってドンナ・エルヴィーラはBまでしかありません(アンナとユニゾンでhigh-Cあったかな…)。私のソプラクートちゃん…。

先生はブレスの基本位置が低いらしく、ルチーアの狂乱を歌うとすればすごく高く取るとおっしゃっていましたが、私の今のブレスの基本位置は、狂乱がジャストな位置、なようです。眠っているような歌いやすさというのはたぶんそこから来ているのでしょう。でもコントラルトの時は確かにもっと下でキープしています……無意識でしたが。

音の集め方は変えずに、ブレスの位置を深くする。ドラマティコならもっと下で後ろで取る。それはたぶん、アクートのフォルテをティラーレでやるということにも繋がっているのだと思います。

……ある大仕事をしようか、するとすればどのぐらいするか迷っていて。今日は見積もりに来ていただいたのだけれど、私の幸せと猫たちの幸せをよく考えなくては。

|

« あっちこっち譜読み | トップページ | 好きなものを好きなだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あっちこっち譜読み | トップページ | 好きなものを好きなだけ »