« やりたくないオペラ | トップページ | あっちでこっちでこっちであっち »

練習しないほうが

楽譜はしっかり読む、練習はしない。そっちのほうがいい結果になるのかな、と思うもの。

ゼンゼン練習していなかったE strano、特にHigh-Es。最近重いものばっかり歌っているので、High-D以上の音はレオノーラの二重唱でHigh-Fに上げられないかなと突っついて遊んでいたぐらいで、全く練習していませんでした。でも、やっと、いわゆるレッジェーロのソプラクート(あの笛のように細い、全く力のいらない音)に完全に入るようになったなあ、と。声楽は不思議なもので、課題としている時にはゼンゼンできないのに、離れるとふーっとできるようになることが多々。……オクターヴのジラーレもできるようになるでしょうか……。

もう1つ練習しないほうがいいと思うのは、セッコ。音と歌詞の意味、アクセントをしっかり覚えてしまうまではあんまり歌わないほうがいい気がします。アジリタも、完全に音を覚えるまでは、間違って歌うよりもそこだけ黙ったほうがいい。初見でパーフェクトにとれるソルフェージュ能力は私にはないし、間違って覚えて矯正するほうが大変だし、発声に悪いし。練習する時間も体力も限られている社会人ソプラノとしては、なンとか効率化していきたいものです。

|

« やりたくないオペラ | トップページ | あっちでこっちでこっちであっち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やりたくないオペラ | トップページ | あっちでこっちでこっちであっち »