« フィガロの結婚…だったはず | トップページ | 初回お稽古 »

ドンナ・エルヴィーラ

スコアを買ってから2ヶ月半ほど。ぼちぼち取り組んでいましたが、やっとドンナ・エルヴィーラの音楽がわかってきました。

今日はもう体が無茶苦茶疲れていて、声が出ないかなと思ったのですが、かえって余計な力が抜けて歌いやすかったようで。表現をやっても大丈夫なところで、ドンナ・エルヴィーラを初めて歌えた気がします。

特にMi tradiのアリアはとっつきも悪くて、どうしようかと思っていたのですが、やっと方向性ができてきました。先生がおっしゃっていた、エルヴィーラの演技は○○、というのもちょっとわかってきました(でも伏せ字)。アリアはエルヴィーラが行き着いた感情の集大成で、終曲の三重唱でそれがジョヴァンニに向けて発露されるのだけれど、2幕の初めの三重唱も心理は同じです。なのでやっぱり1幕と2幕は少しコントラストがあったほうがいいように思います。むしろ、1幕の終曲、つまりジョヴァンニを殺せるところまで追いつめて逃げられるところに、こっそり鍵を持ってもいいかも。その心理状態は2幕にももう一度ありますね(人違いだけれど)。

歌唱上の課題は山積だけれど、メッゾの役だと思って歌うほうがいいように感じます。コントラルトのアクートでGまで上がった上に、Bまでの音がきらりんとある感じ。椿姫と違ってソプラクートに上がる必要はないので、その分ポジションを中音域で深くとれる。アジリタはあんまりありませんが、喋りがけっこうあるのでそこでしっかり前に置いていけばいいかな、と。滑舌苦手だけれど。

セッコはまだゼンゼンだし、アンサンブルになるとどうなるかわからないけれど、今日一通り歌えたことで少し自信がついたかな…。2ヶ月後とかに読み返して、苦笑しているかもしれないけれど。

しかし私、レッジェーロとリリコ、どっちに進んで行くつもり? やっぱりドランマティコ・ダジリタをめざすのか、コントラルトに行き着くのか、ハイソプラノに戻るのか。今のところ、ルチーアと清教徒が歌える声を維持しながら、トロヴァトーレのレオノーラと、トゥーランドットのリューを近い目標にしたい。でも一番大好きなロッシーニの、セミラーミデのアジリタもやりたい。こんなんだから今何も曲決められないのよ…。

|

« フィガロの結婚…だったはず | トップページ | 初回お稽古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィガロの結婚…だったはず | トップページ | 初回お稽古 »