« プラハ1991年のドン・ジョバンニ | トップページ | 柘榴の玉連(ざくろのたまつれ) »

イヤなお天気

クーラーを入れると寒いし、入れないとムッとするし。風が当たるのはイヤだけれど、淀んでいるのもイマイチ。

そういえば親に、私が、どんなに暑くても風が吹いたら寒いと言う子だったと言われたことがありますが、今もそんなに変わっていません。冷房の直撃はもとより、扇風機の風が当たるだけで、特に上着を着ていないと、微熱出してフラフラとしおれてしまいます。自律神経がおかしいのか、肌に問題があるのか。

エーラス・ダンロス症候群は結合組織、特にコラーゲンの異常なので、皮膚の見た目や感触も普通の人と違うらしく、以前手の形が違うと言った美大出の友人はやっぱり気がついていたらしいです。普段から半分外れている左肩のラインもおかしいとわかるらしく。視覚的記憶力に乏しい私には特殊能力としか思えません。よほど親しい方でも、どんな顔の人?と聞かれると答えられないもの…。写真や映像で見たものはある程度思い出せるのに、おかしいなあ。

台風は異常圏内に入っていないはずなのに、腕がピリピリ。肩か肘か手首で、ずれたところで神経を圧迫しているのだと思います。こういうの蟻走感と言うのかしらん? 

|

« プラハ1991年のドン・ジョバンニ | トップページ | 柘榴の玉連(ざくろのたまつれ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラハ1991年のドン・ジョバンニ | トップページ | 柘榴の玉連(ざくろのたまつれ) »