« 怒るのが好きな人 | トップページ | どの声が好き? »

ミミの反省

たった1ヶ月前のことなのに、発声的には1年前のような気がするミミ。

ボエームのDVDをいただいたのですが、照明がキツくて白飛びしている上に解像度が悪く、表情と演技はよくわからない状態。よかった~。じゃない。合唱のところとかは、私はふにゃふにゃしすぎです。低い役はもっとしゃっきり動かないと。

声は、意識して自分がミミ役に期待するより軽めにとっていたのですが、その時のベストに近いものを出せたかな、と思います。全体的に相当セーブして歌ったので、ピッチはほぼ問題なし。死にかけているのが演技なのか、発声上の欠陥なのか微妙なところ多々…。フレーズの終わり、単語の終わりをもっときっちり納めることをもっと意識していくべき。Sono andatiの下のCに降りるところの声は、その時の発声としては満足。中低音の声は、心地よいと言ってもらえることが多くなりました。アクートは…中低音の音色が変わってきたので、余計に金属質なところが残っているのが耳につくのかも。テンポとフェルマータ、ルバートetc.は自分の持っているものでは全くなかったけれど、それは仕方がありません。

4幕は入ってきたときからロドルフォしか見えない。むしろロドルフォもあんまり見えないので、他の方がどのように演技しておられたのか見るのが初めてで新鮮でした。私はショナールさんのお声と演技が好き~。当日ゲネ前までショナールだかコッリーネだか覚えられず、死亡確認の人、って呼んでごめんなさい。

ボエームの女声2役、全幕覚えて、プッチーニが好きになったか、というと、やっぱりロッシーニのほうが好きですが、大嫌いからはかなり格上げできたかなと思います。プッチーニのほうで私が好きかどうかはわかりませんけれども、機会があれば再挑戦してみるのもいいかな。

|

« 怒るのが好きな人 | トップページ | どの声が好き? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怒るのが好きな人 | トップページ | どの声が好き? »