« 暑すぎだってば | トップページ | ボエーム終演 »

ボエーム前日

通し稽古で絶好調、本番8割、というのが最近のパターンで。でも今回は体調もそんなには悪くないし、喉の調子もいい……と思っていたら今日、喉がいがいが。お昼にボエームを歌いかけたのですが、あまりの酷さに1幕の途中で投げ出してしまいました。で、冷房を止めて、明石先生の新刊(というか改作)を読みながら休憩して、夕方もう一度挑戦、もう一度ダメダメ。仕方がないので清教徒を1幕ぜんぶと2幕の狂乱まで歌って、ようやく声がまともに出るように…。改めてボエームを1幕から歌って、4幕の細かいところは不満足でしたが、とりあえず今のポジションには戻せました。ほっ。私は調子が悪くなると低いほうから抜けて行くので、ドキドキです。

ドキドキといえば、演技もいろいろ。ロドルフォに腕を差し伸べるところは右肩を捻る(=亜脱臼)ので、長いと肩がもたなくて落ちてしまいます。死んだ後に縋られるのも実はけっこうドキドキ(脱力している状態で、肩とか揺さぶられるのはちょっと怖い)。ベッドで横になって歌うので、終演後ハケるときには膝が伸びてしまっていそう。とかとか。

喉も関節も、明日どういう調子になるのかわかりませんが、終わったらしばらくボエームを歌うことはないでしょうから、なんとかがんばろうと思います。

|

« 暑すぎだってば | トップページ | ボエーム終演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑すぎだってば | トップページ | ボエーム終演 »