« 次はアリア | トップページ | レパートリー私見(メモ) »

コントラルトごっこ

昨日は可愛いメゾちゃんと、コントラルトごっこをして遊んでいました。タンクレディのDi tanti palpitiと、ジョコンダのVoce di donnaを歌って、アルジェのイタリア女とか、チェネレントラを勧められてみたり。わたし、コントラ転向!? 自分でも、歌えるとは思うけど(笑)。コンテッサで共演した彼女は、最近レジェーロからリリコ・レジェーロに変えた私の看板から、レジェーロの字を取りたいようです。リリコ? 未完成なドランマティコ? なんでもいいや(笑)。……が、このままでは清教徒でもエンリケッタになってしまう(いい役だけど)。

なぜメゾ転向、ではなくてコントラ転向なのかというと、コントラ用の発声というのを別に持っているからで、ソプラノ用の発声と繋げたことはないのですが、それができたらほんとに全部歌えるようになる…の? われながら、実に無駄に器用。まあ遠回りするのも楽しいものです。


追記。メゾアルト集をざっと見てみて、一番気に入ったのは仮面舞踏会のウルリカの「地獄の王よ」でした。中学生から澁澤読者で、天職は占い師と言われた私にはぴったりな曲! こうやってコンサートで歌えないレパートリーが増えて行くのです…。でも気に入ったからたまに歌って遊ぼうっと。

|

« 次はアリア | トップページ | レパートリー私見(メモ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次はアリア | トップページ | レパートリー私見(メモ) »