« エーラス関節型の日本語解説! | トップページ | 猫屋敷父子は健在です »

ダ・ヴィンチの女の手

職場の美大系の友人が私の手を見て不思議そうにしているので、訳を聞いてみると、ダ・ヴィンチの女の手、として知られている石膏像の手にそっくりなのだそうです。写真を見ましたが、なるほど。

骨格と、エーラスのオカゲの関節のズレ具合・診断基準でビロード状と言われる肌の触感(こっちは嫌じゃないですが)。ダ・ヴィンチ作という可能性はほぼゼロな石膏像は、実際にはありえない理想の手で、これを実物として描いたら試験に落ちるのだと友人は習ってデッサンしていたそうなのですが、本当はただの写実なのだったりして(笑)。

私は自分の手が大きくて嫌いだったので、ちょっと気を良くしたのだけれど、そういうことは舞台の前に言ってほしかった~。あ、でもミミも手はたくさん取られるなあ。ロドルフォはベタベタだし、マルチェッロも握ってた。もうちょっと自分の手を可愛がってあげよう、うん。

|

« エーラス関節型の日本語解説! | トップページ | 猫屋敷父子は健在です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エーラス関節型の日本語解説! | トップページ | 猫屋敷父子は健在です »